はじめに
20代にできなかった世界旅行を、30歳で彼氏と一緒に!と
2008年2月29日に出発した世界一周旅行。
旅行日数のべ425日、2009年4月29日に帰国いたしました!
最終地のハワイで彼氏は旦那となり…
準備期間から旅行中のあれこれ、事後報告など右のカテゴリ別にご覧ください☆
 
>>メインサイト 
>>彼氏のブログ
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
いざ、イースター島へ!
朝6時、サンチアゴのロスエロエス駅近くにあるバス停から
エアポートバスに乗る。

昨日のうちに停留所停をチェックして、
5時半から30分おきに出ているということを確かめていたので気が楽である。

バスに乗っていたのは旅行者より、地元の人が多いようだ。
通勤用なのかもしれない。

40分ぐらいで空港に到着。

我々の目的地は、イースター島である。
カウンターはランチリ航空の国際線の方にあった。

日本人のツアー客らしき姿がチラホラ。
こんなたくさんの日本人を見るのは久しぶりかもしれない。

300ドルでビジネスクラスにアップグレードできるとカウンターで言われた。
ずいぶん安いけれど、我々には必要ない。

そうして、渡されたチケットを見ると、なぜか席が別々である。
あっさり満席だから、と言われ、えーっと思う。

飛行機に乗ると、そんなバラバラのグループが多かったらしく、
客室乗務員による大席替え大会が行われた。

私たちは、隣が日本人だったので、直接日本語で話して席を替わってもらったのだけど、
そんなことだったら、最初からうまく席を入れてくれればいいのに…と思う。
2009030801.jpg
5時間半のフライトは、食事が2回出たし、
個人モニタで映画もたくさんみれるし、まったく退屈しなかった。


飛行機を出ると、タラップでそのまま陸地に降り立つ。
島にきたぞ!という感じの、ゆるやかな空気がただよう空港だった。
2009030802.jpg
空港内に、馬がいるんですけど…

時差があるので、時計を2時間まき戻す。
9時10分の飛行機に乗って、到着したのが12時半ごろ。
ちょっと得した気分である。

ラゲッジクレーンの脇に宿のカウンターが並んでいたので
そこで宿を決める。

島で一番安いというキャンピング・ミヒノアはフルということだったので、
その次に安い宿にした。

●レシデンシャル・ペテロ・アタム
トイレシャワー付きツイン18000ペソ(約3600円)
キッチンあり。

車で宿まで連れて行ってもらった。
途中で島で唯一の村と言うハンガロア村を通ったけど、
びっくりするほどこぢんまりとした村のようだった。

海辺にはモアイがいて、あっさりと通りすぎた。

チェックインしてから、近くを散歩をする。
2009030803.jpg
日曜なので、あまり店はやっていない。
レンタカーの店があったので値段を調べて、
明日は車を借りて観光することに決めた。
2009030804.jpg
イースター島ではダイビングをしたいと思っているのでショップを探すと、
港の方にいくつかあった。全部閉まっていたのだけれども。

そこで、一匹の犬と出会った。
相方がなでてやると、すごくよろこんで、いつまでも付いてくる。

わざと少し離れると、慌てて走ってきて
私たちの間をすり抜けて自分の存在をアピールしたりする。

結局、その子は宿まで一緒に戻ってきた。

しばらく部屋にいたのだけど、その間もドアの前でずっと待っていて、
出かけると、また後をついてきた。
2009030805.jpg
宿の近くに、ちょっとした入り江がプールのようになっていて、
椰子の木陰が気持ち良さそうな場所を見つけたので、
そこに寝転びに行ったのだ。

犬はやはり一緒に来て、私たちが座ると、当然のように隣に陣取った。

さきほどキッチンで作ってきたおにぎりを食べはじめると
じっと見つめてくるので、ひとくちちぎって放り投げたら、
なんと食べない。

日本の犬だったら、絶対食べるだろうに。
この島の犬は、お米なんて食べたことないのかな。

それとも、お腹がすいていないのか。

犬は相方にぴったりくっついて、眠ってしまった。
顔を触っても起きないぐらいの熟睡ぶりである。
2009030806.jpg
ずっと前から一緒にいるみたいな気がする…

だいぶ時間が経ったけどちっとも起きる気配がないので、
かわいそうだけど置いて帰ることにした。
なんだかひどいことをしている気がするけど、
勝手についてきただけだし、ずっと飼えるわけじゃないし…と自分たちに言い聞かす。


そのままタハイ遺跡で夕日を見ようと考えていたのだけど、
18時になってもまだ太陽は高く、日が暮れる気配がない。

なので、一度宿に戻ってキッチンで夕食を作ることに。

20時半ごろになって、ようやく日が翳ってきたので、タハイ遺跡に向かう。
2009030809.jpg
馬がいた。この犬は、さっきと違う犬。
この島には、似たような犬がいっぱいいる。
2009030807.jpg
いい夕日でした。
2009030808.jpg
この島は、時間がゆっくり流れている。


ランキング参加中です☆
 
【2009/03/08 19:18】 | 37か国目★チリ(09.3/7〜3/12) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ラパヌイ一日観光。 | ホーム | チリ入国>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sekairyokou.blog112.fc2.com/tb.php/512-958d8fc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。