はじめに
20代にできなかった世界旅行を、30歳で彼氏と一緒に!と
2008年2月29日に出発した世界一周旅行。
旅行日数のべ425日、2009年4月29日に帰国いたしました!
最終地のハワイで彼氏は旦那となり…
準備期間から旅行中のあれこれ、事後報告など右のカテゴリ別にご覧ください☆
 
>>メインサイト 
>>彼氏のブログ
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
チリ入国
まだ外は薄暗い朝7時ごろ、
バスの中でコーヒーとサンドイッチの朝食が出た。

2階建てバスの一番前の席なので、
目の前のカーテンを開けると臨場感のあるドライブが楽しめる。

前方に、雪をかぶった尖がった山が、暗がりにうっすら見えている。
7000m近いアコンカグアという山らしい。

しばらくするとだいぶ日が登ったのだろう。
斜めに差し込む光を浴びて、黄金色に光る山々が美しく、見とれてしまう。


国境では、一度バスを降りて厳重な荷物チェックがあった。
どうやらチリ側の持ち込み基準が厳しいらしく、
肉やフルーツを持ち込んではいけないとあった。

それにしても、すごく寒い。
高地に国境があるんだな、と思う。
1時間の時差があるので、時計を戻す。
2009030701.jpg
チリに入ると、バスはガードレールのない
イロハ坂並みのヘアピンカーブをうねうねと下っていく。
ちょっと怖い。

下るにつれ、だんだんと暖かくなってきた。

12時ごろ、サンチアゴに到着。
ここは、またしても真夏である。

ロスエロエスのバスターミナルで降りて、
汗をかきながら予約していたゲストハウスへと歩く。

事前にネットでチェックしていたのだけど、サンチアゴは思いのほか宿代が高かった。

私たちはサンチアゴから、
さらに物価の高いイースター島に飛ぶのだけど
そのことを考えるとちょっと憂鬱になる。

サンチアゴの宿は
●Hostel de Sammy
バストイレ共同ドミトリー、ネットフリー
朝食つきだけど、出発が早くて食べられず。
普通の安宿。キッチンが広いし悪くはない。

受付で予約が一人分しかないなどと言わ、れかなりゴタゴタし、
オーナーの男性が真顔でおもしろくないジョークを言うのが気に触ったけど
夜になると、彼はなぜかビールをみんなに振舞ってくれた。
2009030702.jpg
サンチアゴでは、中央市場にでウニ(エリッソ)を食べようと思っていたので
早速、メトロに乗って行ってみたけど、
時間が遅かったからか市場の中のどの店にもなく、
仕方がないのでセビーチェのようなものを食べた。

残念である。


ランキング参加中です☆
 
【2009/03/07 17:06】 | 37か国目★チリ(09.3/7〜3/12) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<いざ、イースター島へ! | ホーム | ブエノスの路線バスに困惑>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sekairyokou.blog112.fc2.com/tb.php/511-f1cca96e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。