はじめに
20代にできなかった世界旅行を、30歳で彼氏と一緒に!と
2008年2月29日に出発した世界一周旅行。
旅行日数のべ425日、2009年4月29日に帰国いたしました!
最終地のハワイで彼氏は旦那となり…
準備期間から旅行中のあれこれ、事後報告など右のカテゴリ別にご覧ください☆
 
>>メインサイト 
>>彼氏のブログ
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ブエノスアイレスの夜、タンゴ
ブエノスアイレスといえば、タンゴ、エビータ、ステーキ
ぐらいしか思い浮かばない私。

ステーキは2日連続で食べたけど、
他にとりたて何もしないうちにアルゼンチン最後の夜である。
残りに手をつけようではないか。

昨日、宿に宿泊していた南米に詳しそうな日本人に聞いたところによると
la ventanaというタンゲリアがよさそうなのでそこに行こうと決めたのだけど、
どうも予約した方が無難だという。

よくわからないけど、チケット屋に行けば
ショーとドリンクまたはディナー付が安く購入できるらしい。

それで、地下鉄に乗ってラバージェ通りのチケット屋へ向かった。

町中に出てみると、ブエノスアイレスの都会っぷり
というかヨーロッパっぷりに改めて驚いた。

かつて南米のパリと呼ばれていただけあって、
もしも飛行機で直接ブーンと飛んできて、
「ここはスペインの端っこの町だよ」、とかいうように紹介されたら
ああそうか、と納得してしまいそうである。
2009030502.jpg
7車線の道なんて、久しぶりに見た。


残念なことに、そのタンゲリアは今夜は満席ということで、
明日のチケットならあるよ、とのことだった。
でも明日はもう移動日なのだ。

あぁ、雨だからって何もしなかった昨日が悔やまれる。

それでもタンゴは見たいので、ほどほどのレベルらしい
El Querandiという店ののチケットを購入。仕方ない。
ドリンクだけ付いているみたいだけど、思ったよりずいぶんと安かった。


これは世界で2番目に美しいとされる本屋。
微妙な言われようだけど。

じゃぁ1番目はどこなんだというと、
確かポルトガルにあった気がする。

ポルトガルにいたときも雨が多くて、しかもちょっと遠かったので
わざわざ行かなかったんだよなぁ。

で、この2番目の本屋は、元劇場だったところで、
ステージ上はカフェになっている。

なんというか、日本でいうと某大手コンセプトレストラン会社かなんかが
作っていそうな感じがしてしまいそんなに感動はしなかったけど
舞台横の貴族席みたいなところで座って本を広げてみると、
なんだかすごく落ち着く感じだった。

そしてエビータのお墓まいりをしにレコレータ墓地へ。
2009030504.jpg
お墓の写真を撮るのは気が引けるのだけど、
ひとつひとつがあまりに立派なのでつい。

歴代の大統領や、お金持ちの墓地が集まっているらしい。
エビータのお墓の前には観光客がたくさんいた。
2009030505.jpg
2009030506.jpg
夕日にあたってピンク色をした大統領府。

だいたい、私が知っているエビータというのは
ミュージカルの中のエビータであるので、
ここに来るなり頭の中ではずっと
♪ドンクライフォーミーアルゼンチーナ♪と流れているのであった。

さて、日も暮れてタンゴ。
2009030503.jpg
ストーリー仕立てになっていて、なかなか見やすくてよかった。
だけどその分、踊りの迫力が少なかった気もする。

スペインのフラメンコは、切なげで見ている方も苦しくなっちゃうけど
こちらのタンゴはセクシーで、踊ってみたいなぁと思った。


ランキング参加中です☆
 
【2009/03/05 18:34】 | 36か国目★アルゼンチン(09.3/4〜3/6) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ブエノスの路線バスに困惑 | ホーム | ブエノスアイレス、雨。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sekairyokou.blog112.fc2.com/tb.php/509-1a9ab28b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。