はじめに
20代にできなかった世界旅行を、30歳で彼氏と一緒に!と
2008年2月29日に出発した世界一周旅行。
旅行日数のべ425日、2009年4月29日に帰国いたしました!
最終地のハワイで彼氏は旦那となり…
準備期間から旅行中のあれこれ、事後報告など右のカテゴリ別にご覧ください☆
 
>>メインサイト 
>>彼氏のブログ
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
今度こそ、アルゼンチン。
昨日、イグアス市からローカルバスでシウタ・デル・エステへと戻った私たちは、
荷物を降ろす暇もなく長距離バスターミナルで
ブエノスアイレス行きのバス会社を探した。

ついこの間、ブラジルからバスで国境を越えてチラ見した
アルゼンチン側のプエルト・イグアスのバスターミナルでは、
バス会社のほとんどがブエノスアイレス行きを出していたのだけど、
さすがに、ここパラグアイのシウタ・デル・エステからだと
直行便は2社しか運行していなかった。

その中で、16時ごろに出発するバスがあったのでチケットを購入。
想像どおり、アルゼンチンのバスは、いたく快適であった。

日が沈み始めたころに国境を越えると、
カンビョン、カンビョンと言って車内に両替屋が乗り込んできた。

このあたりは国境を越えても、どこでもスペイン語だ。
スペイン語ができたら、旅も、もっともっと楽しいだろうなぁ。

アルゼンチンに入ってしばらくすると、自社オフィスのようなところでバスが止まった。
乗客たちの流れに乗って着いていくと、食堂のようなところに入っていく。

細長いテーブルに全員が座ると、ボーイさんがエンパナーダとジュースをふるまい、
次にメインの肉とキッシュみたいな料理が乗った皿が大量に運ばれてきた。
2009030302.jpg
夕食付きだとは知っていたけど、てっきり車内で配られのだと思っていたので驚いた。
中国ではこういう食堂での食事付きバスに何度か乗ったけど、それ以来かも。


あっという間に20時間がすぎ、
お昼ごろブエノスアイレスに到着した。

立派なバスターミナルでコーヒーを飲みつつ、
チェックしていた上野山荘という日本人宿に電話してみたけど
いっぱいということだったので、別の宿に向かうことにする。

●VICTRIA 2
トイレシャワー共同、キッチンあり。
ダブル60ペソ。

暗くて典型的な安宿。
だけどアルゼンチンでは、キッチンのあるところに泊まろうと思っていたのだ。

それは、牛ステーキを堪能するため!

近くのスーパーに行ってみると、確かに牛肉がすごく安い。

ステーキ肉、何百グラムか忘れたけど
2人分十分な量で2ドルぐらいと激安で買えてしまう。しかもおいしい!
2009030301.jpg
さすがは人より牛の方が多いというアルゼンチンだ。


ランキング参加中です☆
 
【2009/03/03 12:45】 | 35か国目★パラグアイ(09.3/1〜3/3) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ブエノスアイレス、雨。 | ホーム | 地球の裏側で、日本移民が暮すイグアス市>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sekairyokou.blog112.fc2.com/tb.php/507-ab209a9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。