はじめに
20代にできなかった世界旅行を、30歳で彼氏と一緒に!と
2008年2月29日に出発した世界一周旅行。
旅行日数のべ425日、2009年4月29日に帰国いたしました!
最終地のハワイで彼氏は旦那となり…
準備期間から旅行中のあれこれ、事後報告など右のカテゴリ別にご覧ください☆
 
>>メインサイト 
>>彼氏のブログ
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ちょっとだけパラグアイ
ふぅ。イグアスの滝は、とてつもなく大きかった。

しかも、ブラジルとアルゼンチン、2カ国の国境に位置しているため、
両国にナショナルパークがあって、異なる良さをもった見所があるのだ。
だから普通、観光には最低でも丸一日かかる。

すると当然、どちらを拠点にするかという問題がでてくる。
ブラジル側に宿泊するのか、アルゼンチン側に宿泊するのか。

私たちは、ブラジルのサンパウロから入ったので、
ブラジル側のフォスドイグアスという町を拠点としたわけで(こっちの方が町が大きい)
アルゼンチン側には日帰り観光する予定でいた。

ところがブラジル側の滝観光を終え、アルゼンチンに入国したものの、
この時期アルゼンチンがサマータイムを採用していたこともあり
まさかのタイムアウトで滝にいけなかったのが昨日の話。


よく考えれば、昨日のうちにアルゼンチン側をゆっくり1日観光して、
今日の午前中に、すごそこにあるブラジル側に行けばよかったなぁと朝から後悔することしきり。

イグアスの滝に来て、アルゼンチン側だけ見て帰る人はいるだろうけど
ブラジル側だけという人は少ないんじゃないだろうか。

まぁしょうがない。

今後の予定を考えると、今日アルゼンチン側に行くことはできない。

というのも、今ここでアルゼンチンに入るのではなく、
その前にお隣のパラグアイを少し覗いてみたいからだ。

ブラジルのフォスドイグアスには、パラグアイのシウダーデルエステとの国境もあり、
そこから少し行ったところに日系移民の移住区があるらしい。

南米で一箇所ぐらい、移住区に行ってみたいと思っていたのだ。
今日はそこに向かう。


気をとりなおして、近距離バスターミナルの近くから
シウダーデルエステ行きのバスに乗り込んだ。

ブラジル側の国境で下車して(またもやここで降りたのは数人の旅行者だけ)
出国手続きを済ませ、川にかけられた橋を渡ってパラグアイ側に歩いていく。
2009030101.jpg
けっこういい景色だ。

パラグアイ側の街シウダーデルエステは、なぜか電化製品が安いということと、
そして治安が悪いということで有名な町である。

橋の反対側のたもとにイミグレがあって、
これまたゆるい感じでスタンプを押してくれた。

外に出て、街の案内図を見ると、中華系の名前が多くてびっくりする。

後で聞いた話によると、
シウダーデルエステの治安の悪さは
中華系マフィアによる密売などが元らしい。

国境前にいた両替商に変えてもらったパラグアイ・グアラニーを片手に
タクシーで長距離バスターミナルへと向かう。

今日はこのまま、イグアス市、日本人移住区へ行く予定でいる。


バスターミナルに着くとちょうどアンスシオン行きのバスが出るところで、
呼び込まれるままにバスに乗り、41KM地点まで、と言う。


ふと時計が目に留まる。

ブラジル側のフォスドイグアスとは通常1時間の時差があるはずだけど
サマータイムのせいで時差はない。

昨日のアルゼンチンといい、なんだかひどく混乱する。

イグアスにある3国間の町はかなり行き来が自由にできるのだし
時差なんてないほうが便利だと思うんだけどなぁ。。。


バスは赤土の大地をずんずん走る。
フォスドイグアスは結構都会的だったから舗装道路もあって気がつかなかったけど、
昨日の、アルゼンチン側のプエルトイグアスも赤土の町だった。

途中で停車したときに、なにげなく外をみると、
運転手がお茶をしこんでいるところだった。
2009030102.jpg
こちらでは道路沿いに葉っぱをいっぱい積んであるような屋台があって、
それがマテ茶を売っている店のようだ。

テレレというのは冷たいマテ茶で、
造り方を見ていると、まず根や泥までついているんじゃないかというような
新鮮そうな葉っぱをガバっと取って、すり鉢でゴリゴリつぶし、
2リットルぐらいのポットに氷の塊をガツンといれ、
その中に今すったばかりの葉っぱを投入すればおしまい。

それに直接ストローを刺して飲んでいる。
でもこっちのストローは、おしりの方が閉じられていて、
茶漉しのように小さな穴があいているから茶葉がダイレクトに口に入ってこないようになっている。

それを、片時も離さず、気がついたら飲んでいる。

もしかしたらパラグアイ人、中国人よりもお茶好きかもしれない、と思った。


さて、30分ぐらいして、ここだよ、と国道でバスを降ろされた。
そして、困惑する。うーん、どうしよう。
2009030103.jpg
ここは、日本人の移住区であるらしいのだけど、観光地ではないので表札なども見当たらない。
しかも、着いてから気がついたのだけど今日は日曜日であった。
ぜんぜん人がいない!

とりあえず、宿を探さなくては。
前情報として、この町には福岡旅館というところがあり、
最近はペンション園田というドミトリーの宿もできたと聞いていた。

私たちは福岡旅館を目指したのだけど、いまいち場所がよく分からない。

すると、日本語で声をかけられた。
ペンション園田のおそらく息子さんであった。

そうと分かると、言い出しにくいのだが
福岡旅館に行きたいことを言うと、丁寧に場所を説明してくれた。
だけど看板などは出ていないので、ちっともわからない。

照りつける日差しと荷物の重さに汗をだらだら流しながら
人気のない町中をウロウロさまよっていると、
またさっきの園田さんが現れ、親切にも福岡旅館の前まで連れて行ってくれた。
商売がたきのところに行くというのに、なんてやさしいんだろう。

感謝しつつ、福岡旅館に行くと、そこは普通の一軒家で、
庭いじりをしていたおじさんが、1世の福岡さんであった。

どうやら宿の営業をしている奥さんがたまたま出かけているらしく
娘さんと臨時で対応してくれたような感じだった。

福岡さんはそのまま日本の農家のおじさんといった雰囲気なんだけど
「カマ(スペイン語でベッド)はひとつだけど」とか、
「今日はドミンゴ(スペイン語で日曜)だから」とか、
言葉の端々にスペイン語が混じっているのが興味深い。


お腹が空いたので、国道沿いのシロサワ食堂へ行く。
量り売りで、焼きそばや味噌汁もあった。

日本人会や農協や、1世の人も集まるという居酒屋も日曜なのでお休みだし、
何もできず。少し散歩して帰る。


ランキング参加中です☆
 

【2009/03/01 01:41】 | 35か国目★パラグアイ(09.3/1〜3/3) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<地球の裏側で、日本移民が暮すイグアス市 | ホーム | イグアスの滝、まさかのアルゼンチン側観光できず…。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sekairyokou.blog112.fc2.com/tb.php/504-3eb476eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。