はじめに
20代にできなかった世界旅行を、30歳で彼氏と一緒に!と
2008年2月29日に出発した世界一周旅行。
旅行日数のべ425日、2009年4月29日に帰国いたしました!
最終地のハワイで彼氏は旦那となり…
準備期間から旅行中のあれこれ、事後報告など右のカテゴリ別にご覧ください☆
 
>>メインサイト 
>>彼氏のブログ
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
カーニバル2日目。リオ。
昨日は明け方まで通りに音楽が鳴り響いていた。

朝起きて外を見ると、またしてもパレードが窓の外を通る。
ホントぶっ通しなんだなぁ。

昨日は昼のビーチと夜のサンボドロームをはしごして結構疲れたので、
今日はセントロを少しウロウロするだけにした。

カーニバル中なので、ほとんどの店が閉まっている。
試しに駅に行ってみると、安いパステルスタンドがやっていたので
フルーツジュースとパステルを注文。

パステルって、他のスペイン語圏ではケーキのことだけど、
ブラジルではチーズや肉が入った薄い生地を揚げたスナックを指す。
揚げ物好きにはたまらない、手軽でおいしいスナックなのだ。

フルーツジュースも1レアルぐらいで飲めるのがうれしい。

リオブランコ通り周辺では、今日も歩行者天国で所々パレードをやったりしていた。
でも心なしか、初日の勢いがなくなっている気がした。
こちらの路上パレードも夜が本番なのだから、
考えてみれば、なにも昼間から騒がなくたってよいのだ。

さて、今日はスペシャルチームのサンバパレードの日である。

私たちはカーニバル前日の旅行会社価格で一番安価だった、
セクター4のチケットを購入してある。

昨日見たセクター11は、セクター4の真正面だったので、
場所的にはそんなに変わらなさそうだと思っていた。

だけど会場に入ってみると、セクター4の席全体が少し後ろに下がっているため、
隣のセクターの座席が壁となり、
パレードがまさに自分の目の前に来たときしか見ることができないのだった。
2009022203.jpg
会場はさすがに満席状態で、観客のノリも昨日以上。

昨日はなかった国家斉唱の後に花火が上がって1組目がスタート。
スペシャルグループのコンテストは今日と明日の2日にわたり、
今日は6つのエスコーラが出場する。

周りの人がパンフレットをもっていたので、それをチラ見すると、
どうやらそれには出場するエスコーラの紹介や歌の歌詞が書いてあるようだった。

歌詞が分からない人は、それを見ながら一緒に歌う。

私は、このパレードの時の音楽というのは、
ブラジルでは有名な曲なのかな、ぐらいにしか思っていなかったのだけど
それぞれのエスコーラが毎年発表するオリジナル曲だと知って驚いた。

なんで皆がそれを一緒に歌えるのかというと、
毎年、年明け前に各エスコーラがCDを発表するのだという。
それが、ヒットチャートになるのだ。

歌が流行れば、そのエスコーラも人気がでるし、
パレードのときには当然、とても盛り上がる。

観客はコンサートを生で聞いているようなものだし、
客席で一緒に踊ったりしちゃうのだから、クラブのようなものでもあるわけだ。
2009022204.jpg
観客はみなひいきのチームがいるらしく、旗を振って応援したりしている。
スポーツ観戦にも近いものがあるな。
2009022201.jpg
一番手の IMPERIO SERANO は、去年のAチームチャンピオンらしい。
今年はスペシャルグループに入ってこれて気合が入っているのか、
昨日見たAチームのパレードとは確かに一線を画すみごとなものだった。

どうやら、リオではスペシャルグループの優勝チームには莫大な賞金が出るらしい。
お金をかけられれば、それだけ立派なものができるのは当たり前ではある。
2009022202.jpg
おそらく、このボックス席にいるのが審査員。だと思う。
みんなこのボックスの目の前でポーズ決めるから。

2番目の GRANDE RIO の時も、
3番目の VILA ISABEL の時も、観客はノリノリで歌っていた。
2009022206.jpg
だけど一番盛り上がるのは、楽器隊が目の前を通るときだ。
さすがに空気が大きくゆれる。


確かに昨日よりも今日の方がパレードは豪華だけど、
基本的には同じ構成なので、3つばかり見てしまうと
またしても、そろそろもういかな、という気分になった。

ただ昨年優勝の(というか、2003年から2006年を抜かした5年間優勝し続けている)
BEIJA FLOR が5番目なので、それを見て帰ることに。

4番目の MOCIDADE INDEPENDENTE は、そんなに好きなタイプのパレードじゃなかった。

いよいよやってきた5番目の BEIJA FLOR は、そりゃもうすごい盛り上がり方だった。 
人気あるんだなぁ。

6番目の UNIDOS DA TIJUCA も、人気があるチームらしいのだけど、
すでに時間は朝の3時を回っているし、
例のエスコーラとエスコーラの間にぽっかり空いてしまう30分以上の空白の時間に
耐え切れずウトウトしだしたので、もう帰ることにした。

帰り際、中継しているテレビをチラ見したら
モニターで見るほうが出演者の表情も見えるし、迫力があった。
なんてことに気が付いてしまったりして…。



ランキング参加中です☆
 


【2009/02/22 18:02】 | 34か国目★ブラジル(09.2/18〜2/28) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<コルコバードの丘へ | ホーム | カーニバル初日。リオ。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sekairyokou.blog112.fc2.com/tb.php/496-13e8e1ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。