はじめに
20代にできなかった世界旅行を、30歳で彼氏と一緒に!と
2008年2月29日に出発した世界一周旅行。
旅行日数のべ425日、2009年4月29日に帰国いたしました!
最終地のハワイで彼氏は旦那となり…
準備期間から旅行中のあれこれ、事後報告など右のカテゴリ別にご覧ください☆
 
>>メインサイト 
>>彼氏のブログ
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
南米随一の経済大国ブラジル
朝、キハロの宿からタクシーで国境に向かう。
10分ぐらいなのに、20ボリビアーノ(約300円)と外国人料金。

イミグレーションで出国手続きを終え、
声をかけてきたおじさんに残ったボリビアーノをブラジルレアルに両替してもらう。
普段だったら、去る国の通貨は使い切ってしまうのだけど、
ここでは小銭だけでもレアルに両替できて後々助かった。

というのも、ブラジル側に歩いて渡った後、
待ち構えていたタクシーでコルンバのバスターミナルへと向ったためだ。

ブラジル側には両替所がなかったので、
もしレアルを持っていなかったらタクシーに乗れないところだったのだ。
まぁボリビアーノも使えたかもしれないけど。

ここの国境ではブラジル側の入国手続きができず、
まずバスターミナルにある警察署に行かなくちゃいけないのだ。

こちらも国境から所要10分ぐらいなのに、25レアル(約1200円)。
一気に値段が高くなったなぁ。

バスターミナルで無事ブラジルの入国手続きを終え、
11時半に出発するリオ行きのバスチケットをカードで購入。

さすがにバスターミナルまで行けばATMがあるだろうと思っていたのに、
なんと見あたらない。両替所もない。
相方がいろいろ探しまわり、結局どこかのおじさんにドルを両替してもらったようである。

2009021801.jpg
バス会社のカウンターでは、親指を立てて、オブリガードと言われた。
そうかポルトガル語か。
ブラジルは南米で唯一ポルトガル支配の国だったのだ。

なんとなく、なじんできたスペイン語圏をここで一旦離れることになる。
せっかく覚えた数字も、発音が似ているにもかかわらず聞き取れない。
スペイン語とポルトガル語は似ていると思っていたけど、やっぱり違うな。

人も変わった気がする。
いろんな人種が混ざっている印象。
アフリカ系の黒人が増えたのかな。
そして、ボリビアの人よりおしゃれな気がする。

2009021802.jpg
さぁ、これからリオまで28時間のバス旅が始まる。
丸1日バスに乗って、それでもまだ着かないのだ。
ブラジルは広いなぁ。

今回は、リオとサンパウロとイグアスにしか行けないのだけど
ここコルンバ周辺の湿原地帯パンタナールや、
首都ブラジリア、アフリカ系黒人の多いサルバドールなんかにも行ってみたいものである。


心配していたバスだけど、
席はかなりゆったりしているし、エアコンもトイレも付いていて快適だった。

預ける荷物も、ひとつひとつちゃんとタグをつけてくれて、
しっかりしているなぁという印象。

ボリビアのボロいバスとは大違いだ。
2009021902.jpg
途中で何度も休憩があって、
その度に止まるところも、びっくりするほど施設は整っていた。
もしかしてヨーロッパ並?

休憩所では、有名なブラジルのパン、ポンディケージョ1個が
2.5レアル(100円ぐらい)もして、
物価の安いボリビアから来た私たちは
あっという間に軽くなっていくお財布にドキドキしてしまうのだった。


ランキング参加中です☆
 
【2009/02/18 13:00】 | 34か国目★ブラジル(09.2/18〜2/28) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<リオ到着…カーニバル2日前。 | ホーム | なにもない町キハロ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sekairyokou.blog112.fc2.com/tb.php/492-f7596490
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。