はじめに
20代にできなかった世界旅行を、30歳で彼氏と一緒に!と
2008年2月29日に出発した世界一周旅行。
旅行日数のべ425日、2009年4月29日に帰国いたしました!
最終地のハワイで彼氏は旦那となり…
準備期間から旅行中のあれこれ、事後報告など右のカテゴリ別にご覧ください☆
 
>>メインサイト 
>>彼氏のブログ
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
サンタクルスから夜行列車でキハロへ
昨日よりはだいぶ気分がよいし、熱もない。
お腹だけがちょっとまだ具合がよくない。
なにか変なもの食べたかな…。

胃や腸というのは、精神的な原因から調子が悪くなったりもする。
それだったら、なんとなく心当たりがあったりする。

というのも、ラパスからブラジルのリオまでの、この道のり。
ずっと憂鬱だったのだ。

とりあえずサンタクルスまでは飛行機で来ちゃったけれど、
ここから国境に近いキハロまでは15時間の夜行列車で向かい、
国境を越え、リオまでは28時間のバスの旅を予定している。

その間、たくさんの町を素通りし、
特に観光ができるわけでもなく、ただただ前に進むのみ。
自分たちで決めたことだからしょうがないのだけど、
気が乗らないのは事実だったりする。

短い日程の中で、行きたいところすべてを回れないことはもう諦めているし
なるべく体に無理のないようにスケジューリングをしたりもしている。
この大陸は広すぎる。
絶対に次また来なくちゃ。と、すでに思いはじめている。

朝、相方が駅に行ってチケットを購入してきてくれた。
今日の夜行で、ブラジルとの国境に近いキハロへ向かう。

昨日の昼からほぼ丸一日、なにも食べていないのだけど、食欲はない。
だけど日本食なら、食べれそうな気がする。

ラパスで心行くまで日本を堪能した「けんちゃん」という店が、
サンタクルスにもあるらしいので、行ってみることにした。
2009021601.jpg
サンタクルスの街を歩いていると、
本当にラパスは雰囲気が違う。ヨーロッパ的というか。
ハイビスカスや、プルメリアの花も咲き匂い、温かくて気持ちがよい。
というか、暑い。

歩いているのはインディヘナの人は少なく、
スペイン人との混血が目立ち、もしかしたらブラジルに近い感じなのかな、という気がした。
お店で売っているものも、なんとなくおしゃれっぽいし。

さて、強い日差しの中をタラタラ歩いてけんちゃんに到着。
ラパスよりこちらの店の方が、ローカルの客が多そうだ。

うどんがあたら食べたかったのだけど、なかったのでラーメンを注文。
相方は、ラパスのときとと同じ豚カツ。

…豚カツは、ラパスの方がおいしかった。
ラーメンは、麺はこっちの方がいいけど、スープと合ってなくていまいち。

でもとりあえず、なにか食べれてよかった。
やっぱりちょっと体が弱ると、普段食べなれたものが恋しくなるんだろうな。


広場に戻って、カフェで休憩してからタクシーで駅に向かった。
広場の木にはなまけものがいるらしかったのだけど、見つけられなかった。
平日の昼間だけど、たくさんの人が憩っていた。
2009021602.jpg
満席の列車は16時半に出発。
2×2の、良くもないけど悪くもない座席シート。
だけど道はめっぽう悪く、これはバスか?というぐらい揺れた。

窓の外には大自然が広がっているけど、ふたりとも通路側の席なのであまり景色は見えず。
となりのおばちゃんは、大きな体をシートにうずめて窮屈そうである。

まだ明るいし、明日の朝まで長いような気がしていたけれど、
車内のテレビでスペイン語の映画を3本上映し終わると、もう夜になっていた。


ランキング参加中です☆
 
【2009/02/16 12:46】 | 33か国目★ボリビア(09.2/9〜2/17) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<なにもない町キハロ | ホーム | 高所トレーニングの結果はというと…。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sekairyokou.blog112.fc2.com/tb.php/490-f2544ee0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。