はじめに
20代にできなかった世界旅行を、30歳で彼氏と一緒に!と
2008年2月29日に出発した世界一周旅行。
旅行日数のべ425日、2009年4月29日に帰国いたしました!
最終地のハワイで彼氏は旦那となり…
準備期間から旅行中のあれこれ、事後報告など右のカテゴリ別にご覧ください☆
 
>>メインサイト 
>>彼氏のブログ
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
急遽ラパスでブラジルビザ申請。
2009021105.jpg
昨日、ボリビアの首都ラパスに到着した。

もうそろそろ来週末(2/21)に迫ってしまったブラジルのカーニバルについて、
真剣に考えなくてはいけない時期である。

ボリピアからブラジルに抜けるまでに、
ウユニには絶対行きたいと思っている。
ウユニからコチャバンバかどこかを経由してサンタクルスへ行けば
そこからブラジル国境まで列車が出ているらしい。

ブラジルは我々にとって南米で唯一、ビザが必要な国である。

だから、翌日発行だというサンタクルスの領事館でビザを取ろうと思っていたのだが
ラパスで取ってしまってもいいのでは?と今朝、思い立ったのだった。

ラパスの領事館では2営業日後の発行らしいのだけど、
ラパスに荷物を置いて、ウユニのツアーに行って、またラパスに戻ってくれば
帰ってきたらビザが出来ていることになるではないか!

しかもこれだと、身軽にウユニにいけるのだ。

ウユニにはせめて1泊したかったけど、日程を考えるとここは諦めた方がよさそうだ。
ラパスから夜行バスでウユニに行って、日帰りツアーに参加し、
その日の夜行バスでまたラパスに戻ってくることにした。

強行だけど仕方ない。

カーニバル1ヶ月をきって異常に高くなってしまったリオのホテルの予約をあきらめて、
いちかばちか数日前にリオに入って宿を探すことにした私たちにはギリギリの日程である。


朝、まずは宿の隣にあった旅行会社で、明日のウユニ往復バスチケットを手配する。
TODOツーリズモというバス会社が快適らしいのだけど、
残念ながら今週は往路復路も満席という。
代わりにOMARという会社のバスを手配してもらった。

それから、タクシーでブラジル領事館へ。
すごく、空いている。
受付で申請用紙をもらい、必要書類の説明を受ける。

★パスポートの原本と写真部分のコピー
★黄熱病イエローカードの原本とコピー
★クレジットカードか、銀行ステートメントの原本とコピー

とりあえず、以上のコピーが必要と言われたので、
領事館の向かいの雑貨屋にでコピーする。

申請用紙に持参していた写真を貼り付けて、上記のコピーを合わせて提出。

すると今度は、ブラジル銀行の振込用紙を渡される。
そこに出向いて、50ドルずつ払ってから、レシートを持参しなくてはいけない。

銀行の場所がどこにあるのか分からなかったので、タクシーで乗り付ける。
大通りを歩いて10分ぐらいのところだった。

また領事館に戻って、レシートを提出。
ふぅ。これで手続き完了だ。午前中いっぱいかかってしまった。
2日後の受け取りと言われる。

次はアメリカン航空を目指す。
世界一周航空券のルート変更をしてもらうためだ。

だけどせっかく行ったのに、システムダウンということで手続きできず。

お腹をすかせながら、昨日閉まっていた日本料理屋のけんちゃんへ。
ヤバイぐらい、たくさんメニューがある!
ページをめくりながらウキウキしてきてしまう。

物価の安い国でも、日本料理屋はそれなりの値段がすることが多いので
覚悟していたのだけど、1品40ボリ(600円程度)前後と思ったより安くてうれしい。

思いあまって、カツ丼とミニラーメンを注文。
相方は豚カツ定食を頼んでいた。
2009021002.jpg
出てきた量はボリビアスタイルでお腹がはちきれそうになりながらも、
高所の疲れも吹き飛ぶ至福の時を味わったのであった。


ランキング参加中です☆
 
【2009/02/10 23:30】 | 33か国目★ボリビア(09.2/9〜2/17) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ラパス探検。 | ホーム | コパカパーナからラパス、ラパスでもコパカパーナ?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sekairyokou.blog112.fc2.com/tb.php/484-ad75dcd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。