はじめに
20代にできなかった世界旅行を、30歳で彼氏と一緒に!と
2008年2月29日に出発した世界一周旅行。
旅行日数のべ425日、2009年4月29日に帰国いたしました!
最終地のハワイで彼氏は旦那となり…
準備期間から旅行中のあれこれ、事後報告など右のカテゴリ別にご覧ください☆
 
>>メインサイト 
>>彼氏のブログ
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
プーノからチチカカ湖をぐるりボリビアのコパカバーナへ。
朝起きると、昨日の最悪な頭痛は治まっていた。
シャワーを浴びて、朝食をとる。問題なし。

今日はネットカフェに行こうと思っていたのだけど、
宿にWIFIがあることに気が付き、1時間ほどネットをする。

ブラジルと、アルゼンチン、チリへの行程をまだ決めかねているのだ。

11時半ごろ、チェックアウトして散歩。
プーノの人たちは、朝から元気にパレードしている。

楽団が側を通ると、さすがに太鼓の振動が頭や体に響く。

昨日よりはましなものの、頭の奥ではまだ痛みが残っていて、体も重い。
体のだるさは、クスコに到着した日と同じぐらいだ。

ここは標高3855mの街なのだ。
富士山より高い場所に、いるということになる。

よく管楽器なんか吹けるなぁと尊敬してしまうよ。

彼らは生まれたときから高度順応されているのかな。
もしリマとか、低いところに降りてきたら逆に体調不良になっちゃうのかな、などと考える。


昨晩なんて、一度目が冷めたら、相方が鼻血を出していたし。
私もここ数日、朝起きて鼻をかむと血が出てくるのだ。

高山で鼻の奥の細い血管が破れていたりするのかな。
関係ないのかもしれないけど、体にどんな負担がかかっているのか考えると少し不安になってしまう。


さて、チチカカ湖に面したプーノでは、ウロス島などの島巡りをするのが定番のようだ。
でも私たちは無理をしてまで行く気にならなかったので、やめてしまった。

街にはこれといって見所はないようである。
パレードは、リマでみたものと同じような雰囲気だし、
祭のせいで店もあまりやっていないし、散歩をしていてもそんなにおもしろくない。

おまけにリマ通りのお土産屋を覗いてみると、いままでで最強に強気な値段でふっかけてくる。
これだったら、クスコやマチュピチュで買っておけばよかったと本当に後悔。

ペルー最後の街がプーノなので、ここで買い物をしようと思っていただけにちょっと残念である。
2009020802.jpg
それはそれとして、私は相変わらずおばちゃんウォッチングに夢中である。
本当にどうしてこうも皆同じような格好をしているのだろうか。

彼女たちは、若い頃から同じ格好をしているのか、
それともある程度の年齢になってからこのスタイルに変化するのか。

というのも、若い子で同じような格好をしている人をみかけないからだ。
おそらく、彼女たちの世代までは若いころからこの格好だったのではないかと思う。


話は変わって、プーノにはレストランがいっぱいあるのだけど、
小さな食堂の看板に2ソルのメニューを見つけたので食べてみた。
スープとメインのセットでで2ソル(60円ぐらい)とは激安で、
これが地元価格なのかなぁと思う。
ますます価値間隔がわからなくなる。

そして2ソルのメニューは量も味もそれなりで悪くないのだけど、
せっかくペルー最後の食事なんだから、
もうちょっと満足度の高いものを食べればよかったと思った。

あまりに安いので、面白半分で入ったというところはあるのだけど、
南米は全体的に物価が安いのだから、
今度から多少の値段の差は気にせずおいしそうなものを食べようと決めた。

さて、昨日コパカバーナへのバスチケットを買っていたので
14時前にタクシーでバスターミナルに移動する。
パレードのせいで、何度も通行止めにぶつかり時間がかかった。

もうペルーもおしまいである。名残惜しいな。

ペルーといえばインカ帝国ぐらいしか知識がなかったけど、
スペイン人との関係、日本人との関係、もっとよく知りたくなったし興味深い国だった。
もし今度来れたら、もう少しのんびりと北のほうも含めてじっくり回ってみたいな。

ごはんもおいしいし。
特にじゃがいもやかぼちゃ系根菜類がびっくりするほどおいしかったな。


さて。コパカバーナへのバスは、ほとんどが観光客で、
その半数ほどが外国人であった。

思えばこういうツーリストバスは久しぶりだな。
アジアではこういうツーリストバスによく乗っていた気がする。
2009020804.jpg
バスはほとんどチチカカ湖に沿って走り、窓の外の風景は素朴で素敵だった。

なにげなく羊の放牧かな、と思いつつ窓の外を眺めていたら、
妙に首の長い羊がいて、あぁそうか、アルパカか、と気がついた。

2時間半でイミグレーションに到着。
進められるままにペルー側で残ったペルーソルをボリビアボリビアーノにエクスチェンジし、
警察所で出国審査書にスタンプをおしてもらい、
隣のイミグレでパスポートに出国スタンプを押してもらう。

コリア?ハポン?と聞かれたので、ハポンと答えると
フジモリーと返された。

こちらの人は、フジモリ元大統領のことをどう思っているのだろうか。
最後は汚職にまみれてしまったけど、彼の功績を認めている人も多いのだろうか。

2011年の選挙では、フジモリの娘ケイコが出馬するようで、
そういえばリマからナスカに向かうハイウェイ沿いには、
壁にペイントされたKEIKOの文字をよく見かけた。


ペルーでの出国を終えると、徒歩でボリビア側に歩いていく。

入国審査書を記入して、パスポートのコピーとともに提出すると
ポンポンとパスポートにスタンプを押してくれた。

ボリビア入国は黄熱病のイエローカードを提示する必要があると聞いたのだけど、
パスポートの裏に張ってあるイエローカードを見もしなかったし、聞かれもしなかった。
2009020805.jpg
すごくのんびりした国境であった。

再びバスに乗ると、15分ほどでコパカバーナに到着。
ラパスまで行く人は、ここでバスを乗り換えるのだけど、
私たちは1泊することにした。

いつもこんな、3時間ぐらいの移動だったらラクチンなんだけどなぁ。
2009020806.jpg
部屋からみたチチカカ湖。



ランキング参加中です☆
 
【2009/02/08 22:45】 | 32か国目★ペルー(09.1/31〜2/8) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<コパカパーナからラパス、ラパスでもコパカパーナ? | ホーム | クスコ~プーノの移動で待っていた苦しみ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sekairyokou.blog112.fc2.com/tb.php/482-249addc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。