はじめに
20代にできなかった世界旅行を、30歳で彼氏と一緒に!と
2008年2月29日に出発した世界一周旅行。
旅行日数のべ425日、2009年4月29日に帰国いたしました!
最終地のハワイで彼氏は旦那となり…
準備期間から旅行中のあれこれ、事後報告など右のカテゴリ別にご覧ください☆
 
>>メインサイト 
>>彼氏のブログ
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
クスコ~プーノの移動で待っていた苦しみ
10時半ごろ、宿をチェックアウトしてバスターミナルに向かう。
今日はプーノへ向かう予定である。
2009020701.jpg
ターミナルにはバス会社のカウンターがたくさん並んでいるので、
ガイドブックに書いてあった会社を探して聞いてみたけれど、
次は夜の便しかないと言われてしまう。

仕方ないので、他のカウンターで聞いてみると、
11時のプーノ行きが満席で、次が13時とのこと。
18時には到着するという。

別の会社で聞いてみると、12時のバスがあったので迷わずそのチケットを購入した。
そのときに到着時間を確認するべきだったのだが…。
2009020702.jpg
12時前に現れたバスはローカルバスで、
車体はボロイけど無事目的地まで連れて行ってくれ、盗難にあわなければ問題ない。

ところどころ止まるので、嫌な予感はしていたのだけど、
18時をすぎても一向に到着する様子がない。

そうえいば、ガイドブックにはクスコからプーノまで
バスで所要5~8時間と書いてあったなぁ。

もしかすると、これは8時間コースのローカルバスだったりして。
料金も、30ソルと妙に安かったし…。

不安は的中し、プーノに着いたのは20時を少し過ぎていた。

実はプーノに着く2時間前ぐらいから頭痛がしていて、
到着して荷物を背負うと、頭痛だけでなく、吐き気もしてきた。

標高約3400mのクスコでだいぶ高所に慣れたつもりでいたけれど、
プーノはクスコよりもさらに450m標高が高い。

もしや、これが高山病というやつでは…。

高山病の定義として、500m以上の高度を48時間以内に移動したときとあるから
クスコ~プーノの移動も気をつけなくていなくてはいけなかったのだ。

マチュピチュで元気に山登りもしたし、高山病のことはすっかり忘れていた。
薬も、昨日の夜から飲んでいない。

ものすごく頭がいたいのだけど、とりあえずバスターミナルで
翌日午後のコパカバーナ行きバスのチケットを相方に購入してもらった。

タクシーに乗り込み、情報ノートで評判のよかった
マンコ・カパックインまでお願いする。

変な名前のホテルだけど、インカの初代皇帝の名前らしい。

バスターミナルから市内までは4キロほどと近いのだが、
タクシーの揺れが我慢ならないぐらいの頭痛と悪心で本当にしんどかった。

プーノでは明日からお祭があるらしく、
この夜もところどころにぎやかにパレードをしている。

途中、運転手は
「ムーチョ フェスティバル!(すごい祭)
ムーチョ セルベッサ!(たくさんビール)」
と楽しそうに話しかけてくれたけど、返答はもっぱら相方に任せて
「こっちはムーチョ頭痛いんだよー」と心の中でぶつやいた。

マンコカパックインの前でタクシーを降り、ホテルに入ると
なんと満室!予想外の展開である。
というか、プーノで祭をやってるなんて知らなかったのだ。

周辺のよさげなホテルをあたるも、全滅。

その間も、パレードの音が頭に響くし、
夜空に打ち上げられる花火の振動や、人の波がいらだたしくさえ感じる。

ようやく、古そうな三ツ星ホテルに空室があったのでチェックイン。
部屋は通りに面していて、パレードの音が相変わらずうるさいけど
横になって耐える。

頭が割れるような頭痛、そして吐き気。
この感じ、覚えがあるなぁと思い返してみると、
ひどい二日酔いの症状と同じである。

相方が、サンドイッチを買ってきてくれたので、
それを食べ、高山病の薬を飲む。

これまでは薬が効いていただけだったのかな…。
とりあえず眠る。

プーノのホテルは
●FRANCIS PUNO
祭中で、マンコカパックインをはじめ周辺のよさげなホテルはみんな満室。
ここだけなぜか部屋があったのでチェックイン。
三ツ星ホテル。でもボロイ。
バストイレ付きダブル100ソル(約2800円)
朝食つき、ロビーでフリーWIFI可能。


ランキング参加中です☆
 
【2009/02/07 06:01】 | 32か国目★ペルー(09.1/31〜2/8) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<プーノからチチカカ湖をぐるりボリビアのコパカバーナへ。 | ホーム | すごい!マチュピチュ遺跡!!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sekairyokou.blog112.fc2.com/tb.php/481-53774b52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。