はじめに
20代にできなかった世界旅行を、30歳で彼氏と一緒に!と
2008年2月29日に出発した世界一周旅行。
旅行日数のべ425日、2009年4月29日に帰国いたしました!
最終地のハワイで彼氏は旦那となり…
準備期間から旅行中のあれこれ、事後報告など右のカテゴリ別にご覧ください☆
 
>>メインサイト 
>>彼氏のブログ
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
すごい!マチュピチュ遺跡!!
昨日宿にチェックインするとき、朝食は隣のホテルで5時から食べられると聞いていた。
レセプションの女の子が、ビュッフェでグッドと言っていたので、ちょっと楽しみにしていたのだ。

5時から朝食というのは早いけれど、
マチュピチュへ登るバスの始発が5時半だから、それに合わせているのだろう。
私たちは、そう急ぐ必要もないし、次の7時半のバスでマチュピチュに向かう予定だ。

なので6時半ごろに隣のホテルへ行く。
おお!久しぶりに見るビュッフェラインに思わず興奮してしまった。
2009020601.jpg
たくさんのフルーツに、パンも数種類あるし、おかずももちろん食べ放題。
フルーツジュースもフレッシュだし。

日本の感覚で見てみれば大したことはないのだけど、
ひどくトキメイテいる自分を感じると同時に、
ここ最近の朝食が貧相だったことに気がつく。

それは我々が貧乏とかいう次元の話ではなく、
世界の大部分の国の人たちが、あまり朝からもりもり食べないからだろう。

そういえば、キッチンがある宿に泊まったときには
私たちは朝から白米を炊いたりしてお腹いっぱい食べていた。

しっかり朝食をとると幸せな気分になるのは
私達が日本人だからなのかなぁ。


さて、しっかりご飯を食べて、
まずマチュピチュのチケット売り場に行く。
列ができている。昨日買っておけばよかった。

ここのカウンターの女の子は、
さすが偽札が横行しているペルーだけあって
偽札も、偽学生書も見破る眼力を持っていた。

遺跡行きのバスが7時半なので、急いで乗り場に向かうと、
何台もバスが連なっており、人が集まり次第出発というような雰囲気で一安心。
2009020609.jpg
くねくねとした山道を車は登っていゆく。
マチュピチュの遺跡は、ふもとの村から400mほど登ったところにあるのだ。

切り立った山々が視界にはいってくる。

インカの人たちは、どうしてこんな山奥に住み着いたのだろう。
いや、この遺跡はプレインカの物の上に、インカ時代のものが重ねて作られているらしい。
だとするとやはり、神殿とか、宗教的に重要な場所だったのかなぁと思う。

バスはいよいよマチュピチュ遺跡の入口に到着。
ワクワクしながら中にはいる。
2009020602.jpg
おおーこれはすごい。
よくこんなにきちんと残っていたなぁと思う。
2009020606.jpg
リャマかアルパカかわからないのだけど、そのどちらからしき動物を発見。
2009020611.jpg
しばらく観察したり、話しかけてみたり。
2009020603.jpg
リャマもアルパカも、高地に住むらしく、外見が似通っているので区別がつかない。
2009020604.jpg
この方、すごく男前だった。
2009020605.jpg
段々畑がすさまじい。
天空の遺跡を探し求めてたどり着いたアメリカ人研究者は、
この険しい段々畑を登ってきたらしい。
2009020612.jpg
休憩しながら、のんびりと遺跡を堪能する。
2009020613.jpg
インカの職人技の石積みはここでも本領発揮。
2009020615.jpg
水路からは今も水が流れていた。
2009020614.jpg

時間もあるし、後ろにそびえるワイナピチュにも登ってみたいと思っていた。
所要40分から1時間ぐらいと聞いていたので、
入口で記名してトレッキングを始める。

山道はきちんと整備されているし、岩場も多いけれども歩きにくくはない。
ただ、それでなくても、ちょっとした坂道を登るだけでも息がきれるような
高所での山登りはかなりしんどく、
休み休みしながら、50分程度でワイナピチュの山頂に到着。

ワイナピチュから見下ろすマチュピチュもすごい!
2009020607.jpg
気分は不思議発見のミステリーハンターである。


頂上で1時間ぐらい休みながらボーっとして、下山。

マチュピチュ堪能できた!

今日はこれからクスコに戻りたいのだけど、
昨日の時点で安いバックパッカーは満席。
19時のビスタドームだけ、ちょっと値段が安かったのでチケットを買っておいた。

でもやはり、19時にマチュピチュを出るとクスコに着くのは夜中になってしまう。
ダメもとで駅に行くと、15時すぎに出発するビスタドームに空きがあったので
差額を払って変更してもらい、オリャンタイタンボまで戻ることにした。
2009020608.jpg
帰りのビスタドームでは、なんと一番前の特等席。
でも雨であまり景色は楽しめず。
マチュピチュにいるときにふられなくてよかった。
2009020610.jpg
しばらくすると、アルパカ製品のファッションショーがはじまった。
モデルは、さっきドリンクやスナックを運んでくれた美男美女のスタッフ。

どこで衣装を変えているのかなとおもったら、
かわいそうに、毎回トイレから出てきたよ。

昨日と逆のルートでクスコに到着したのは20時すぎだった。
マチュピチュ楽しかったなー!

ランキング参加中です☆
 
【2009/02/06 05:00】 | 32か国目★ペルー(09.1/31〜2/8) | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<クスコ~プーノの移動で待っていた苦しみ | ホーム | マチュピチュ村で温泉>>
コメント
ヒナさん、こんにちは!

マチュピチュへ行ったんですね!!
自分の目で絶対見たい、と思っている遺跡のひとつです。

高山病にはならなかったですか??
写真を見る限りではお元気そうですね♪
【2009/02/20 11:41】 URL | まきまき #-[ 編集] | page top↑
まきまきさん、

マチュピチュは、もっと秘境な雰囲気だと思っていたのですが、
エジプトのピラミッドのように国をあげての観光スポットという印象がしました。

なので、意外と訪れるのは難しくないです。
ただ、誰でも少なからず高山病の症状にはなってしまうみたいです。
あまり考えない方がよさそうですね。

> ヒナさん、こんにちは!
>
> マチュピチュへ行ったんですね!!
> 自分の目で絶対見たい、と思っている遺跡のひとつです。
>
> 高山病にはならなかったですか??
> 写真を見る限りではお元気そうですね♪
【2009/02/27 01:18】 URL | ヒナ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sekairyokou.blog112.fc2.com/tb.php/480-a32116e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。