はじめに
20代にできなかった世界旅行を、30歳で彼氏と一緒に!と
2008年2月29日に出発した世界一周旅行。
旅行日数のべ425日、2009年4月29日に帰国いたしました!
最終地のハワイで彼氏は旦那となり…
準備期間から旅行中のあれこれ、事後報告など右のカテゴリ別にご覧ください☆
 
>>メインサイト 
>>彼氏のブログ
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
イベリア航空やっぱり好きかも
今月の初めに、マドリッドの中央郵便局留めで
日本の両親から荷物を送ってもらっている。

東京からマドリッドまでは3日で着くと郵便局のページに書いてあったので
私たちの旅行日程にあわせて送ってもらったのだ。

インターネット上のEMS追跡ページを見る限りでは
とっくにマドリッドに到着しており、
関税も終えて届け先に発送という段階になっている。

ドキドキしながら、朝一番で中央郵便局へ。
2009011901.jpg
立派な建物だ。
郵便局留めの受付は、入口が違い、脇から入っていった。

結果をいうと、まだ中央郵便局には届いていないとのこと。
税関でストップしているという。
クリスマスだったから、彼らレイジーなんだよ、と英語ができるお兄さんが言うのだけど
それを見越してクリスマスがあける1月7日に日本から送ってもらっているし、
もう税関は通り過ぎているはずなんだけどなぁ。

でもやはりマドリードには着いているらしいので、滞在を延長して荷物を待つことにする。
あて先は間違っていないというし、待つしかない。

問題は、明日のリマ行きチケットを予約してあること。
イベリア航空のオフィスに行って変更してもらうことにする。
2009011902.jpg
ひとり100ドルぐらい手数料がかかっても、まぁしょうがないな
と思ってオフィスにいったのだけど、
意外なほどあっさりと、日程の変更が完了。
金曜にリマへと出発することにした。
なんと、変更手数料はノーチャージであった。

このイージーな感じがすごくいい。イベリア航空。
その反面、オーバーブッキングなんかも多いらしいけれども。

これでマドリッド滞在があと4日増えた。
4日あったら、アンダルシアでもバルセロナでも
もっとゆっくりできたのになぁと思うけれども、まぁしょうがない。

今思えば、この後やってくるショッキングな顛末にくらべれば
4日の延長なんてたいしたことなかった。

ちょっと体も疲れているし、何もせずゆっくり休めるいい機会でもあったのだ。

泊まっているホステルに延泊したいというと、
ネット価格ではなく通常価格になってしまうから、
いまネットで改めてリザベーションしてと言われる。
変な感じだけど、ネットで予約を入れて、宿も確保。
なぜか3泊で90ユーロと、この間よりも安くてラッキー。

ランキング参加中です☆
 
【2009/01/19 23:48】 | スペイン再訪(09.1/13〜1/30) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<部屋でだらだらマドリッド | ホーム | マドリッド美術館めぐり>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sekairyokou.blog112.fc2.com/tb.php/462-2c162b2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。