はじめに
20代にできなかった世界旅行を、30歳で彼氏と一緒に!と
2008年2月29日に出発した世界一周旅行。
旅行日数のべ425日、2009年4月29日に帰国いたしました!
最終地のハワイで彼氏は旦那となり…
準備期間から旅行中のあれこれ、事後報告など右のカテゴリ別にご覧ください☆
 
>>メインサイト 
>>彼氏のブログ
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
マラケシュのピンクは夕日の色だったのか
2009011201.jpg
マラケシュは、淡いピンク色の街なのだった。
家々の壁も、モスクも、そしてバスの色もそう。
2009011203.jpg
マラケシュ滞在3日目にして、今日ようやくスークに入ってみた。
2009011202.jpg
お土産屋が続く通りを歩く。
革製品が目立つ。

フェズのスークで行けなかった革なめし地区までなんとなくたどり着いて
ちらっと見学する。

革のバッグとか、ベルトとか、財布などと言うとき、
それを実際に手に取ったとしても私の中で
革は、革製品以上でも以下でもない。

でもあたりまえのことながら、革は皮でありスキンであるのだから
動物たちの表面を覆っている薄い膜を剥ぎ取る作業が
どこかで誰かによって必ず行われているのである。

ここではその、おそらく剥ぎ取られたばかりの皮を液体につけて何か作業していた。


その後、チャイグラスとバブーシュを購入。

グラスは、こちらのカフェで出てくる
ガラス製の小ぶりのものが欲しかったのだけど
お土産用に飾りが付いているものばかりで、
シンプルなものを探すのが大変だった。

このグラスで家に帰ってからもミントティが飲みたいなぁ。

それに、これまで家でコーヒーを飲むとき、
私は大きなマグカップを使っていたのだけど、これだと飲み残してしまうことが多々ある。

その点、グラスだったら中身が見えるから飲み残さないだろうし、
日本のお湯のみでお茶を飲むように、
手のひらに包み込んで中身の温度を感じながら
コーヒーを飲むのはなかなかよいものだ。

バブーシュは、お土産用。
どの店でも同じように見えるけれども、
何軒か見ていくうちに、目が慣れてきて質のよしあしがだんだん分かるようになってくる。

でも、こういうものって、購入してから他の店にいくと
必ずといって良いほど買ってから見たものの方がよくみえてしまう。
なんでだろう。
スッキリしないが、買い物ができたのでひとまず満足する。

スークから出てくると、もう日が傾いていて
フナ広場に建つピンク色の建物は、夕日を浴びて赤みを帯びていた。
そして空に広がる夕日の色はといえば、
まさにマラケシュカラーともいえる淡いピンクそのものだった。
2009011204.jpg
宿にあずけた荷物をピックアップしてバスで駅へと向かう。
21時発の夜行列車に乗って、タンジェへ戻るのだ。

もうモロッコも終わり。やっぱり名残惜しいなぁ。

ランキング参加中です☆
 

【2009/01/12 00:56】 | 31か国目★モロッコ(09.1/5〜1/12) | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<バック・トゥ・スペイン! | ホーム | マラケシュ新市街>>
コメント
元気そうでなにより!

モロッコ、行きたくなっちゃったよ。ほんとに。
フナ広場、なつかしい!!
あそこで、カエルの歌を合唱して、
ミントティーをごちそうしてもらいました。

マラケシュは、燃える色の町だね。
私は、カサブランカから夜着のバスで入ったのだけれど、マラケシュの手前から、町をみると、
明かりで燃え上がってるみたいに見えました。

更新、楽しみにしているよ~

【2009/01/27 23:20】 URL | サト #-[ 編集] | page top↑
サトさん

どうもどうも。
フナ広場でカエルの合唱!??
周りにモロッコ人の輪ができたんじゃないですか?

カサとマラケシュだとカサの方が都会だと思っていたのだけど
そうでもないのかな。
カサにはいけなかったのです。
君の瞳に乾杯ごっこがしたかったですが…。


> 元気そうでなにより!
>
> モロッコ、行きたくなっちゃったよ。ほんとに。
> フナ広場、なつかしい!!
> あそこで、カエルの歌を合唱して、
> ミントティーをごちそうしてもらいました。
>
> マラケシュは、燃える色の町だね。
> 私は、カサブランカから夜着のバスで入ったのだけれど、マラケシュの手前から、町をみると、
> 明かりで燃え上がってるみたいに見えました。
>
> 更新、楽しみにしているよ~
【2009/01/28 11:05】 URL | ヒナ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sekairyokou.blog112.fc2.com/tb.php/454-6b334ea6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。