はじめに
20代にできなかった世界旅行を、30歳で彼氏と一緒に!と
2008年2月29日に出発した世界一周旅行。
旅行日数のべ425日、2009年4月29日に帰国いたしました!
最終地のハワイで彼氏は旦那となり…
準備期間から旅行中のあれこれ、事後報告など右のカテゴリ別にご覧ください☆
 
>>メインサイト 
>>彼氏のブログ
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
サハラらくだツアー
思えばモロッコに来て、初めてベッドで迎えた朝である。

昨日はシンドイ移動だったなぁ。
それもこれも、ここメルズーカでサハラ砂漠を体験するためなのであった。

宿のシーツは白く清潔で、
3重に重ねられた毛布のおかげで
まったく寒さを感じずぐっすりと眠れた。

朝ごはんを作ってもらおうと部屋からでると、結構な涼しさである。
テラスが暖かいよ、と教えてもらい、
屋上のテラスに上がった。

おお!

すぐ向こうにサハラが広がっている!
村から道路を一本はさんで、すぐのところまで砂漠が迫っているではないか。

そういえば、昨日は夜中に到着したので
ここがどういうところか暗くてまったく分からなかった。

こんなすごいところだったとは。

オレンジ色をした、とても綺麗な砂漠である。
がんばって来てよかったねぇ、と相方と顔を見合わせたのだった。

この砂漠の境界線を見たとき、
中国の敦煌にあった砂漠のゲートを思い出した。

あそこの砂漠は黄色くて、とっても綺麗だったのだけど
「ここから先は砂漠ですよー、入場料○○元払わないと入れませんよー」
という露骨なゲートがあり、私達はゲート手前で悔し紛れに写真を撮って帰ってきたのだった。

それに比べると、ずっとオープンな砂漠である。
オアシスの緑があり、その向こうに見渡す限りの砂山が広がっている。

砂漠とは、不思議なものだなぁと思う。

テラスで熱々のベルベル風オムレツを食べて、
夕方に出発する1泊2日のらくだツアーをお願いする。

中国でも、シリアでも、ヨルダンでも、エジプトでも、
砂漠に近づく度に、その中にずっぽり身を置いてみたいと思っていた。
そして単純に、かわいらしい顔をしたラクダに乗ってみたいとも。

ここメルズーカに来たのは、他でもない
そのラクダに乗ってサハラに向かい、
砂漠の中のキャンプで1泊するというツアーに参加するためである。

ツアーは16時からというので、その前に村を少し散歩してみた。
2009010802.jpg
気が付いたら端から端まで歩いて回っていたほど、小さな村である。
砂漠に行くので一応、水を購入しておく。
すでに雲が出て肌寒いので、水を飲もうという気はあまりしないのだけれども。

昨日もその前も、夜行バスの中で凍え死にそうになったことを思い出し、
砂漠の夜はさぞ寒かろうと、ありったけの衣服を重ね着して準備完了。

キャミ、保温ロンT、セーター、パーカー、長袖シャツ、ダウンジャケット、
ストール、ジーンズの下には保温スパッツ、もちろん靴下は2枚重ね。

時間になってみると、ツアーは我々2人だけの貸切であった。
2009010803.jpg
ラクダさん、どうぞよろしくお願いします。
2009010804.jpg
思ったよりも、ラクダの背中は高い。
私が前、相方が後ろのラクダに乗っていざ出発だ。
アズールというベルベル人の青年が手綱を持って先導してくれる。
2009010808.jpg
ちょっと裏山に行ってくる、という感じで、大砂丘は村からすぐ。
2009010805.jpg
すごいなー砂丘の間をどんどん進む。
上下にゆれるので、早くもおしりがいたくなったのだけれども。

1時間半後…
2009010806.jpg
ここを、今日のキャンプ地とする!

夕日を見るために、砂丘に登る。
2009010807.jpg
まっさらな砂山に、自分の足跡をつけていくのはなんとも気持ちがよい。
2009010809.jpg
夕日!
そして夕日に染まる砂漠が、かなり美しい。
2009010810.jpg
来てよかったなぁ、と、もう一度思う。

あまりに砂がサラサラなので、ふたりで砂いじりをしていたら
あっという間に1時間ぐらいたってしまった。
2009010812.jpg
テントに戻ると、アズールがお茶を入れてくれ、
どこからか持ってきた枯れ木で焚き火を作ってくれた。あたたかい。
2009010811.jpg
なにもない。誰もいない。
これといってすることもない。

ここは砂漠のほんの入口にすぎないのに、
まったくの別世界だという気がする。

アズールが作ってくれた夕食のタジンをたべて
そのまま横になり、星が出るのを待っていたのだけれども
月が大きいためかなり明るく、雲も多いのであまり星は見えなかった。

なにより寒い。
パラパラと雨も降ってきたのでテントの中に入ることに。

テントは風を通さないし、ちゃんとマットと枕もある。
借りてきたシェラフの上に毛布を4枚も重ねたので
寒さを感じずに眠ることができそうだ。

降るような星空を体験できなかったのは残念だったけれども。

ランキング参加中です☆
 
【2009/01/08 06:48】 | 31か国目★モロッコ(09.1/5〜1/12) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<思い残すことなし!サハラ | ホーム | 25時間バス内軟禁!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sekairyokou.blog112.fc2.com/tb.php/450-59069101
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。