はじめに
20代にできなかった世界旅行を、30歳で彼氏と一緒に!と
2008年2月29日に出発した世界一周旅行。
旅行日数のべ425日、2009年4月29日に帰国いたしました!
最終地のハワイで彼氏は旦那となり…
準備期間から旅行中のあれこれ、事後報告など右のカテゴリ別にご覧ください☆
 
>>メインサイト 
>>彼氏のブログ
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
25時間バス内軟禁!
目が覚めると、時計は6時半を指していた。
予定では、もうリッサニに到着している時間である。

昨日の夜中、目が覚めたときからバスは動いていないようである。
エンジンも止まってしまっているので、
暖房が消えて車内はとても冷えている。

今日泊まる予定の宿には、昨日電話で連絡しており
バスがリッサニに到着する時間に迎えにきてもらうことになっているのだ。
今頃、バス亭で待っているかもしれない。

でもバスはといえば、リッサニまであとどれくらいあるかも分からない
路上で立ち往生しているのだった。

次第に夜があけると、周りの状況が見えてきた。
2009010701.jpg
どうやら、事故かなにかで道がふさがっていて、先に進めないようなのだ。
私たちが乗っているのと同じような観光バス数台に、乗用車、トラックなどが連なって止まっている。

8時ごろ、バスを降りて様子を見に行ってみた。

列の先頭車両の鼻の先には、閉ざされたゲートがあった。
いったい、このゲートは開くのだろうか?
このままフェズに逆戻りするのだけは嫌だな、と思う。

ゲートのそばには小屋があり、そこで温かいミントティが飲めた。
シャイ、シャーイ、チャイ、といろいろ変えて言ってみたけどなぜか通じず。
飲んでいる人のコップを指差しすると、あー、チャイね、と。
私の発音とどう違うのか分からん。
1杯1DH(12円)だった。格別安い。

雨が降ってきて寒くなってきた。
バスに戻って、砂漠用に買い込んでいたお菓子に手をつける。

そうこうするうち、10時ごろにはゲートが開き、
バスはようやく前進した。

走り出してしばらくすると、ゲートが閉まっていた理由が分かる。
2009010702.jpg
それは、なんと、雪!

まさかモロッコで、アフリカで、雪が降っているのだとは思いもしなかった。
あたり一面、白銀の世界なのだ。
粉雪がパラパラと降ってさえいる。

雪の振る中、またしてもバスが止まった。
理由は分からないけど、列になってしばし停車。

リッサニにたどり着けるのかな、と不安になる。

だけど同乗していたフランス人らしきグループは、
そんなことはおかまいなく、嬉しそうに外でキャッキャと雪遊びをしていた。


やっと走り出した、と思ったら、
あ、あ、危ない!ドスーン!!
2009010703.jpg
今度はなんと、停車していた前のバスに突っ込んでしまったのだ!

ブレーキを踏んだけど雪道でスリップして、よけ切れなかった、という感じだろうか。
野次馬を含めて男たちがバスの外に出て、いろいろと協議を始めた。

こちらのバスはちょうど運転席の前のガラスがボロボロに壊れ、
エンジンのあたりにぶつけられた前方のバスは、
ポタポタとオイルを垂らしてしまっているので修理が必要かもしれない。

とにかくこれでまた足止めだ。

どうするのかなと思っていたら、
お昼をすぎて、こちらのバスだけ先に発車した。

フロントガラスが壊れているのでノロノロ運転である。
それでも、前に進むだけまだいい。
2009010704.jpg
しばらく進むと、ぶつけたバスが我々を追い抜き、そして停車した。
乗用車もそれに続く。

どうやら、乗用車には修理工が乗っており相手のバスを直したようである。
こちらのバスも一応見てもらい、大丈夫そうと判断したのか、すぐに出発。
どうにか雪山を越えることができた。

15時過ぎ、駐車場のあるレストランで代わりのバスと合流した。
2009010705.jpg
バスをチェンジして一安心。
そして、食事タイムとなった。

私達はお菓子があったからどうにかやり過ごせたけれど、
乗客の中には夜からまったく何も食べていない人もいるはずである。
つらかったろうな。

気持ち的には、少しでも早くリッサニに着いてほしいから
とっとと出発して欲しいのだけど、
ようやく一段落ついたからか、ここでゆっくり1時間半ほど休憩タイムがあった。

どうやら、リッサニまであと300キロもあるらしい。
腹を決めたというところなのだろうか。

20時ごろ、乗客がたくさん降りていったバスターミナルで
宿に連絡。どうやらあと2時間はかかるんじゃないかということ。
車を手配してもらう。

22時、リッサニに到着。
宿に電話をいれて、車を待った。

リッサニからメルズーカまでは約40キロ。
宿はメルズーカより数キロ北のHassi Laliadという村にある。

●Wilderness Lodge
トイレバス共同
ひとり50DH×2人
朝食20DH、夕食50DH
日本人女性のりこさんがいろいろと相談に乗ってくれる

宿に到着したのは23時。
電話で夕食をお願いしておいたのだけど、
出てきた熱々のタジンに、救われた思いがした。

はー、思えば、昨日の夜21時にフェズを出発してから丸一日以上がたったのだ。
そのうちほとんどをバスの中に閉じ込められていたことになる。

寒かったし、狭かったし、長かったし
今日はつらい1日だった…。

ランキング参加中です☆
 
【2009/01/07 05:41】 | 31か国目★モロッコ(09.1/5〜1/12) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<サハラらくだツアー | ホーム | フェズ滞在25時間>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sekairyokou.blog112.fc2.com/tb.php/449-4d66d6f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。