はじめに
20代にできなかった世界旅行を、30歳で彼氏と一緒に!と
2008年2月29日に出発した世界一周旅行。
旅行日数のべ425日、2009年4月29日に帰国いたしました!
最終地のハワイで彼氏は旦那となり…
準備期間から旅行中のあれこれ、事後報告など右のカテゴリ別にご覧ください☆
 
>>メインサイト 
>>彼氏のブログ
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
フェズ滞在25時間
早朝3時、バスは予定通りフェズのCTMオフィスに到着した。
バスの中も寒かったけど、外はまだ暗くかなり冷える。

一応、ガラスで仕切られた待合室があったので
ベンチに横になって日が昇るのを待つことにする。
寒くて眠れない。

と思いつつ、うとうとする。

7時ごろ、オフィスの中のカフェが営業していたので
そちらに移動してあたたかいチャイを飲む。

カウンターも開いていたので、
リッサニ行きのバスのことを聞くと、夜の21時発しかないとのこと。

モロッコ1週間という日程を考えると
ここで1泊するのはもったいないので、そのまま今日の夜行でリッサニに行くことに決めた。
CTMは、荷物を預かってくれるはずだから、昼間観光して、夜ここから出発すればよい。

という我々の目論見に反し、
荷物は出発の1時間前からしか預かれないというではないか。
この新市街のCTMがそういうシステムなのか、受付の女性が融通きかないのか分からないけれど
ここではダメなので、次に駅にいってみることにする。

駅なら、荷物預けがあるかもしれない。

そうして、朝の新市街を歩きフェズ駅へ。
工事中らしく、完成すると立派な駅になるようだけれども
今はまだそんなに大きな建物ではなかった。
荷物預けも見当たらず、しょうがないので、今度はメディナ近くのバスターミナルに行ってみることに。

プチタクシーと書かれた赤いタクシーでマルーク門まで10DH。
ちゃんとメーターを使ってくれたし、そして安い。
モロッコは外国人が旅行しやすいところだなぁと改めて思う。

マルーク門近くにあったバスターミナルは、
CTMだけでなく民営バスも発着しており規模が大きい。
こちらのCTMオフィスでは、なんてこともなく荷物を預かってくれた。
ふーよかった。

荷を降ろして軽くなったところで、メディナを散策する。
2009010605.jpg
さっきタクシーで来たとき、ぐるりと大きな城壁を回ったのだけど
フェズのメディナはこの立派な城壁の中にある。

中に入るとフェズエルパリと呼ばれる広大なスーク街となっており、
メインの道をただまっすぐ歩いてみた。

どこかで道を折れて気ままに歩いてしまったら
絶対に元の道に戻れないだろうな、という気がしたからだ。

フェズのメディナは世界一の迷路と言われるだけあり、
どこまでも同じようなスークが続いている。
本当に広い。
2009010601.jpg
最初は道幅も広く、割とゆったりした印象だったけれども
次第に道は細くなり、台車を引くロバや自転車が通るたびに道を譲らなくてはなくなった。

まだ時間が早く人出が少ないが、
ここを、人がビッチリと詰まって右往左往しているところを想像すると…大変なことである。

ここフェズの旧市街はモロッコいちの古都で、
日本の京都のようなもの、とよく例えられるらしい。

年代的にもメディナができたのが808というので、
日本の平安時代のころ、
モロッコ最初のイスラム王朝がここに興ったようだ。
2009010602.jpg
古そうな木造瓦ぶきのモスクが美しくたたずむのを見ると、それを実感する。

アラビックな雰囲気が漂うドア、綺麗なモザイクが施された共同水道。
メディナのあちこちにモスリムならではの美的センスが発揮され、
守られているなぁと感じるのだった。

スークの売り物で気になるものと言えば、やはりバブーシュである。
革素材のモロッコスリッパで、シンプルながらなんだかかわいい。
2009010606.jpg
そして、タジン器もなにげに欲しくなる。
日本でいう土鍋のようなものだけど、
土鍋は蒸気が逃げる穴が小さいのに比べて
タジン器はとんがり帽子のようにとがった中央部分が大きな喚起口になっている。

欲しいなぁ。。。でも絶対割れるだろうなぁ、と思う。

後で行くマラケシュにも大きなスークがあるのでここでは何も買わず、
ハリラというスープを朝食にする。
他のアラブの国がそうだったので、モロッコもスープといえばレンズマメかなと思っていたら
皆がよく飲んでいるのはトマト味のハリラであった。

ほんのりセロリのような草のにおいがして、短いパスタとレンズ豆が入っている。
ミネストローネのような感じでおいしい。


しばらく歩いてどうやらメディナから脱出したので、
インターネットを求めてバスで新市街に行ってみることにした。

というのも、明日はリッサニに行くことは決めたけれど、
泊まるのはリッサニから40キロ離れたメルズーカにしたいと思っている。

ここはサハラ砂漠の直前にある村で、
ラクダに乗て砂漠に行くツアーを宿が主催していたりするのだそうだ。

かなり辺境の地であろうし、宿泊費やツアーの値段もあらかじめ知っておきたいので
ネットでチェックして宿を予約したいのだ。
2009010604.jpg
新市街は、それなりに都会であった。
マクドナルドも発見。
ムハンマド5世通りから一本路地に入ったところにネットカフェを見つけた。

メルズーカに、日本人宿があったので
公衆電話で明日の予約と、リッサニまでの送迎をお願いした。

これでひとまず安心だ。

さっきネットで見たら、メディナの中にある
皮なめし工房に興味がでたので行ってみようと思ったのだけど、
雨が降ってきて、寒いのでやめる。

バスターミナルにはカフェや食堂っぽい店もあったので、
そこででチキンの丸焼きハーフと、チャイで夕食にし、
あとはひたすら21時が来るのを待った。

バスに乗ってしまえば、
明日には、サハラ砂漠にぐんと近づいているはずだ。
わくわくする。


ランキング参加中です☆
 
【2009/01/06 05:25】 | 31か国目★モロッコ(09.1/5〜1/12) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<25時間バス内軟禁! | ホーム | スペインからモロッコへ。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sekairyokou.blog112.fc2.com/tb.php/448-267116e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。