はじめに
20代にできなかった世界旅行を、30歳で彼氏と一緒に!と
2008年2月29日に出発した世界一周旅行。
旅行日数のべ425日、2009年4月29日に帰国いたしました!
最終地のハワイで彼氏は旦那となり…
準備期間から旅行中のあれこれ、事後報告など右のカテゴリ別にご覧ください☆
 
>>メインサイト 
>>彼氏のブログ
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
スペインからモロッコへ。
セビリアから朝10時半のバスにてアルヘシラスへと向かう。
窓越しにポカポカと暖かい日差しがあたってウトウトしていると
あっという間に3時間たち、到着。

バスを降りると、風が強くけっこう寒かった。

目の前のフェリー乗り場に入ると、
セウタ行きと、タンジェ行きがあるようだ。

どちらもジブラルタル海峡を隔てたアフリカ大陸だけど、
前者はスペイン、後者はモロッコである。

2時発のタンジェ行きフェリーのチケットを購入。
33ユーロ。意外と高い。

フェリー乗り場にスカーフをかぶった女性がいて
イスラムの国にまた行くのだなぁと実感する。
2009010502.jpg
向こう側がアフリカ大陸。

スペインの出国は、パスポートを見せるだけで終了。
出国スタンプもなし。

これって、前にイギリスからチュニジアに行く飛行機で
ノースタンプで出国してしまって、後々もめたのと同じシチュエーションではないだろうか?

出国スタンプないけれど、スペインに戻ってくるときにもめなければいいなぁ。
不安要素ができてしまった。

フェリーの中では、モロッコの入国審査があった。
モロッコの人って、フレンドリーだな。

ソファーに横になって昼寝をしているうちに、到着。
3時間後の17時になっていた。

モロッコは時差があるので、1時間時計を戻して16時だ。

10ユーロぐらい上乗せしてスピードボードにすると、1時間で着くらしい。
仮にこのフェリーの30分後にあった、14時半のスピードボードに乗っていたら
タンジェに到着したのも時差を引いて14時半ということになる。

もしこれに乗っていたら、
タンジェ~フェズ行きの15時半のバスに乗れ、
フェズでホテルに泊まれたのに…と分かったのはもうすこし後であった。

フェリーを降りると、モロッコ人がなにか話しかけてきた。

もちろん警戒していたのだけど、
しきりに時計を合わせろというようなことをいう。
どうやら、時差があることを教えてくれたようだ。

その後、銀行の場所も教えてくれて、去っていった。
モロッコ人、親切かもしれない。

そうして、しつこいタクシーの勧誘などもなく
あっけないほどあっさりと銀行で両替し、国営バスのCTMオフィスに到着。

フェズ行きのバスは、今日はもう21時発の夜行しかなかった。
タンジェで1泊する気はなかったので、このチケットを購入。

荷物を預かってもらえたので、身軽になって5時間ほど街を散策することにした。

CTM前の広場には、カフェが並んでいた。
おじさんたちが、外を見ながらお茶している。
女性は皆無。アラブな雰囲気だなぁ。

その中のひとつに入って、チャイを頼む。
2009010503.jpg
久しぶりのミントティ!しかも激甘!
でもこれがおいしくて、ホッとする味なのであった。
量が多いのもうれしい。1杯5DH(約60円)

それにしても気になるのは、ジュラバという
フードつきのマントを着た人たちである。
2009010505.jpg
寒いし、男性も女性もマントを着ているひとはフードをかぶっているので
頭のさきっちょがとんがっていて、
なんだか、ねずみ男を彷彿とさせるスタイルなのである。

チュニジアでも着ている人を数人みかけたけれど
モロッコではかなり頻繁に見かける。
なんというか、ちょっとかわいらしい。

タンジェのメディナをぶらぶら。
魚のから揚げが売っていたので、サンドイッチにしてもらう。おいしい。

物価が安いのでごはんをガッツリ食べよう、と思う。
食堂で、モロッコ料理のタジンとクスクスを注文。
2009010504.jpg
タジンはジャガイモとニンジンとトマトとチキンの煮込みで、
クスクスの方は、味付けがタジンと同じであった。
しかも、量が多い!

体はあたたまり、かなりお腹いっぱいになったけど、
メイン料理を2つ頼んでしまったようである。失敗した。

それにしても、ひとつ拍子抜けしたことがある。

実は一部のバックパッカーの間で、
世界3大ウザイ国と噂されているのが
インド、エジプト、そしてモロッコらしい。

私自身も、インドとエジプトでは人間不信になりそうだったし
自分が嫌になるほど、イライラしたりした。

だから、モロッコに来るときには覚悟してドキドキしていたのだけれど
実際にタンジェの街を歩いてみると、
人々はしつこすぎず、観光客に対してのきなみ親切だし、
極め付けが、お金に対してがめつい様子が全然しない。
皆にこやかだし、感じがいい。

ときおり、いや、かなりちょくちょく
ハシシはいらんかねーと声をかけられはするけれども。

意外とモロッコ、過ごしやすいかもしれない。


ランキング参加中です☆
 


【2009/01/05 05:18】 | 31か国目★モロッコ(09.1/5〜1/12) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<フェズ滞在25時間 | ホーム | Happy New Year!!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sekairyokou.blog112.fc2.com/tb.php/447-53586eef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。