はじめに
20代にできなかった世界旅行を、30歳で彼氏と一緒に!と
2008年2月29日に出発した世界一周旅行。
旅行日数のべ425日、2009年4月29日に帰国いたしました!
最終地のハワイで彼氏は旦那となり…
準備期間から旅行中のあれこれ、事後報告など右のカテゴリ別にご覧ください☆
 
>>メインサイト 
>>彼氏のブログ
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ダマスカスからアンマンへ
広場前からバスを拾ってガラージュソマリエへ。
アンマン行きのバスはここのバスターミナルから出るらしいのだ。

国内のりばの奥に国際乗り場があったので
バス会社のオフィスを回ってみたけど、どこも今日はフルだと言われてしまう。

さて困った。

セルビス(乗り合いタクシー)をもちかけられたので、
それでアンマンまで行って貰う事にした。
同乗者は、シリア人の親子。
途中で、ポットに入ったアラビアコーヒーをごちそうしてくれた。
こちらのコーヒーは、スパイシーでおいしい。
しかも、上澄みだけをポットに入れたのか
うっとおしい粉が口に入ってこないのがうれしい。

国境まではスムーズにいったのだけど、
出国税の払い場所が分からずかなり時間がかかった。

バスだったらスタッフがアテンドしてくれるから楽なのになぁ。

などと思いつつ、シリアを出国し、車でヨルダン側へ
こちらの国も大統領の写真をかかげている。

アラブの国は国旗と、大統領が好きだなぁと思う。
自国に誇りをもっているんだろうな。

アンマンに着いたのは日が暮れてから。

変なところに降ろされてしまい、
自分のいる位置がよくわからないまま、
とりあえずダウンタウンをめざした。

1時間ぐらい歩いてようやく到着。
つかれたー。

情報ノートで、サメールという人が大人気だったので
彼のいるゴーダホテルにいってみることにした。

だけど、行ってみたらそんなにいい感じではなかったので
他の宿も見にいったところ、面倒くさくなり、そこに決めた。

●リビエラホテルRiviera 
共同シャワー、トイレのダブル
9ディナール。
料金を払う段階になって、
シャワー使用料とサービス料(チャイ)とかいって2ディナールとられた。
部屋は寒いしおすすめできない。

後で出会った日本人によると
やはりサメールという人はたいそう親切な男性だったらしい。

夕食を宿に人におすすめされたエルサレムレストランで食べてみる。
2008121301.jpg
ヨルダン料理のマンサフと、ムハッサン。
それなりの値段と、適当なサービス。
おいしいかったけどいまいちな気分であった。

ランキング参加中です☆
 

【2008/12/13 20:30】 | 26か国目★ヨルダン(08.12/13〜12/14) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<死海 | ホーム | パルミラ、ダマスカス、シリア最後の思い出>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sekairyokou.blog112.fc2.com/tb.php/445-ba297220
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。