はじめに
20代にできなかった世界旅行を、30歳で彼氏と一緒に!と
2008年2月29日に出発した世界一周旅行。
旅行日数のべ425日、2009年4月29日に帰国いたしました!
最終地のハワイで彼氏は旦那となり…
準備期間から旅行中のあれこれ、事後報告など右のカテゴリ別にご覧ください☆
 
>>メインサイト 
>>彼氏のブログ
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
アレッポといえば、スークと城と石鹸
朝、チェックアウトしてアレッポを散策。
アレッポは紀元前20世紀からの歴史ある街らしい。

今日は天気がよく、冬晴れといった感じのスッキリとした空気が漂っている。
バイラムだからかどうなのか、人々はモスクに向かっていた。
なんとなく、お正月の初詣を思い起こさせる風景であった。

2008121001.jpg
アレッポでは、大きなスーク(マーケット)が有名らしいのだけど
残念ながらほとんどのお店がお休み中。
それでも、延々と続くようなアーケードの中には買い物する
地元の人がいっぱいだった。

特にびっくりしたのが、肉屋。
というか、羊の群れが、スークにあった。
えさを食べたり、じっと立っていたりしている羊の触れ。
よく見ると端の方で、1頭がナイフを入れてさばかれている最中であった。
要するに、この羊たちは肉の塊になる順番を待っているのだ。
2008121002.jpg
スークを抜けると、丘の上に立つアレッポ城の前に出る。
ガイドブックによると、紀元前10世紀にネオヒッタイト人の神殿として建てられたもののようだ。
その後、要塞になったらしいのだけど
がっちりとした石造りの城壁は、かなり頑強そうである。

中に入ってみると、街の遺跡のようになっていた。
劇場もあって、なんだか日向ぼっこをしながらボーっとするのが気持ちよかった。

と、突然、大音量のアザーンが鳴り響いた。
街にある何十というモスクから、いっぺんに流れてくる音の波が
ぐわーっと城の上に建つ私たちの方に押し寄せてきたのだ。
2008121004.jpg
これまで、イスラム教徒の多い国や地域を旅行したことはあるものの、
中東はいわばイスラムの本場である。

道行く人の姿もそうだけれど
この圧倒的なアザーンがそれを私に実感させた。

城を出て、宿に戻る途中で石鹸屋が並んでいる通りにでた。

ここまで来たら、アレッポ石鹸を買わなきゃ!という
強迫観念に似たような思いにとらわれる。
アレッポ石鹸とは、要はオリーブオイル石鹸で
日本でもナチュラル派に人気がある。
日本で買うとそんなに安くはないのだけど、アレッポなら確かに安い。

しかし、種類がいっぱいあって何がよいのかさっぱり分からない。
分からないまま、思い余って3キロ購入。
2008121005.jpg
相方のバックパックがずっしりと重くなったのだった。


ランキング参加中です☆
 
【2008/12/10 18:07】 | 25か国目★シリア(08.12/9〜12/12) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ハマの水車 | ホーム | シリア入国!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sekairyokou.blog112.fc2.com/tb.php/442-a59fdbe0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。