はじめに
20代にできなかった世界旅行を、30歳で彼氏と一緒に!と
2008年2月29日に出発した世界一周旅行。
旅行日数のべ425日、2009年4月29日に帰国いたしました!
最終地のハワイで彼氏は旦那となり…
準備期間から旅行中のあれこれ、事後報告など右のカテゴリ別にご覧ください☆
 
>>メインサイト 
>>彼氏のブログ
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
パリ、ロンドン、バース
昨夜わたし達は、パリからロンドン行きのユーロラインに乗った。

当初は、パリからモンサンミッシェルに行って、
サンマロからフェリーでイギリスのポースマスに入ろうかなぁなんて思っていたのだけど
金銭的にも、スケジュール的にもキツかったので
フランスはパリだけにして、夜行バスでロンドンへ向かうことにしたのだった。

バスの運転手はクセのあるイギリス人だった。
夜の23時にパリを出発して、深夜2時すぎにイミグレーションに到着。

フランス側はススーっと終わったんだけど、
イギリスに入るのに結構時間がかかった。

といっても、英語でいろいろと聞かれただけなんだけど、
旅行の日程、イギリスでの滞在先や所持金から、
日本での職業や、好きなサッカーチームまで
普通の世間話とも思えるような細かいことまでいろいろ聞いてきた。

ふと周りを見ると、EU加盟国からの旅行者だったらしい
他のバス客はみんないなくなり、隣のカウンターでは
日本人の留学生が私たちと同じように長々と質問をされていた。

彼らにはさっき、ガイドブックを借りたのだ。
というのも、ロンドンの滞在先として韓国人経営の民宿を予約しており、
その宿からの予約確認メールに、
「入国カードには滞在先をこの宿にしないで、有名な宿の名前を書いてください」
というような注意書きがあったのに、
寝ぼけてガイドブックをバスに置いてきてしまった。

わざわざこんなことを書いてくるということは、本当に厳しいんだろう。
困っていると、目の前に彼らの「地球の歩き方」が見えたので
それを借りて適当なユースの名前を書いたのだった。

また、わたしたちはロンドンからチュニスへのオープンチケットを持ってはいたんだけど
出国日が決まったチケットではなかったのでちょっとドキドキしていた。
第三国へのチケットがなくて入国拒否された人がいるという噂もあるではないか。

念のためにパリにいるうちにブリティッシュエアに予約を入れていたのだけど
土日をはさんだためにイギリス入国日には間に合わなかったのだ。
でも問題なく、無事入国。よかった。


その後、バスはカレーからフェリーに乗り込む。
2008102701.jpg
乗客も、フェリーの客室に移動する。
夜中の3時すぎ。
2008102703.jpg

船はドーバー海峡を越える。暗くて何も見えないけれども。

1時間ぐらいしてイギリス側に到着し、またバスに乗り換える。
バスは3時間ぐらい走って、6時半にビクトリアコーチステーションに到着。

それでなくても夜行バスは疲れるのに、
こう何度も起こされると、寝不足感いっぱいである。

昨日パリでサマータイムが終わって遅らせた時計を、また戻す。
パリとロンドンは1時間の時差があるのだ。

バスステーションでコーヒーでも買おうと思ったら、大事なことに気がついた。
イギリスはユーロでなくポンドなのだ。
相方がATMを探してお金を降ろし、コーヒーとスコーンを買う。

ふと気がつくと、みんな英語をしゃべっている。純粋な英語だ。
看板も案内も英語オンリーだ。
イギリスだから当たり前なんだけど、なんだかすごいと感じてしまう。

旅行をしているうちに、ちんぷんかんぷんの言葉の中から
いつでも英語の表示を探す癖がついているからだろう。
特別に英語ができるわけでもないけれど、すごくラクだし、頼もしく感じる。


7時になリチケット売り場が空いたので、8時発のバース行きチケットを購入。
今日はこのまま、バースへ移動してしまうのだ。
2008102704.jpg
バースまでの2時間半は、
うつらうつらしながら車窓の景色を楽しんだ。

橋と煙突。
ロンドンの町並み
きれいな緑色をした草原。
かわいらしい村。

バースに到着し、とりあえずまた、目に付いたマックで休憩。
あれ、どうしてだか、とてもおいしい気がする。

外に出ると、意外と天気もよくて
空は青く、空気は澄んでいて、気持ちがよい。


なんだかイギリス、好きかもしれない。


ランキング参加中です☆
 
【2008/10/27 02:04】 | 20か国目★イギリス(08.10/27〜11/7) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<憧れのストーンヘンジへ | ホーム | サマータイムの終わりと、女神、ベルサイユ宮殿>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sekairyokou.blog112.fc2.com/tb.php/395-2e3e44f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。