はじめに
20代にできなかった世界旅行を、30歳で彼氏と一緒に!と
2008年2月29日に出発した世界一周旅行。
旅行日数のべ425日、2009年4月29日に帰国いたしました!
最終地のハワイで彼氏は旦那となり…
準備期間から旅行中のあれこれ、事後報告など右のカテゴリ別にご覧ください☆
 
>>メインサイト 
>>彼氏のブログ
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ベルギー入国。フランダース。
相方とは、明後日、ベルギーの首都ブリュッセルで落ち合うことが決まった。
今日はその手前のアントワープに行き、1泊する予定。

あらかじめ列車のチケットを買っておいたのだけど、
アントワープまで1等の座席で約25ユーロ。

一応、オランダからベルギーへの国際列車なのだけど
国境をまたぐ列車にしては安く感じる。
1時間ちょいで着いてしまうんだから、めちゃめちゃ近いのだ。


午前中にはアントワープのセントラル駅に到着。
2008101601.jpg
今日の宿も、ネットでユースを予約したのだけど、
場所が中心部から少し離れている上、
レセプションが10時から15時まで閉まっているのでチェックインができない。

だから荷物を駅のロッカーに入れて、ひととおり観光してから
夕方、宿に向かうつもりだ。

ロッカー用のコインがなかったのでコーヒーを買ってお金をくずす。
「ボンジュール」
カウンターのお姉さんから、フランス語が飛び出す。
そうだ、ベルギーはフランス語圏なんだった。

オランダと変わらないなーっと思っていたのだけど、
言葉が違うと、やっぱり違う国にきた感じがする。

まずは、インフォで地図をもらい、
明日のブリュッセルへのチケットと、今日のトラム一日券を購入。
時刻表をチェックすると、ブリュッセルまでは30分に1本あることが分かった。

明日の準備ができたところで、街に出る。


まずは、メトロでノートルダム大聖堂の近くへ向かった。
これは正確には、プレメトロという乗り物らしく、
トラムが部分的に地下に乗り入れしている。
だから、地上にいるときはトラムだし、地下にいるときはメトロという不思議な乗り物だ。

アントワープのノートルダム大聖堂といえば、「フランダースの犬」。
というのは、物語の中で、主人公ネロが恋焦がれたルーベンスの絵があるのがここだから。
物語のラストシーンは、この絵をやっと見ることができたネロが絵の前で息を引き取るらしい。

私はテレビアニメを見てはいなかったけど、
そのラストシーンだけは何度か見たことがあるので、ふーんと思っていた。

中央にあるのが、その「聖母被昇天」だ。
正直、そんなに感動はしなかった。
どっちかというと、その脇に飾られている「キリストの昇架」と「キリストの降架」の方が気に入った。
これらルーベンスが描いた3枚が同時に存在して、
ストーリーを持っている感じが面白い。

アントワープには、ルーベンスが住んでいた家もある。
行ってみたたけど、16時をすぎていて中に入れなかった。
閉まるの早いな。

その隣にあったカフェにはいって、オムレツとビールを注文する。
なんといってもベルギーは、ビールがおいしい国だと聞いている。
私は来るのをとっても楽しみにしていた国のひとつなのだ。
2008101605.jpg
メニューを見ると、ビールの種類がやたら多くて、どれを頼んだらいいのかわからないほど。
銘柄によって、グラスが決まっているのもベルギービールの特徴らしい。

目の前の席では、ブランデーグラスのような足のある丸っこいグラスに入った
黒っぽいビールを片手でゆらゆら揺らしながら、
ふたりのおばあちゃんが談笑している。
ベルギーか。

2008101604.jpg
街を歩いていると、
屋台みたいなところでフリッツと呼ばれる
フライドポテトのマヨネーズかげをほおばっている人々とか、
目抜き通りに並ぶファッションブランドの顔ぶれとか、
オランダとあまり変わらないのだけれど
オランダでは見かけなかったワッフルのチェーンをよく見るようになった。

そうだ、ベルギーにきたら、ベルギーワッフル食べないと!
店の前を通ると甘い香りが漂っている。

だけど今日は、おなかいっぱいで食べられず。
明日、相方と会ったら一緒に食べようと思う。


さて、今日泊まるユースを予約したとき、
行き方がよく分かず、英語の口コミ記事を参照した。
なので、一応ここにも日本語で書いておきます。

アントワープセントラル駅の地下から、プレメトロ2番のホーボーゲン行きに乗り、
アントワープエクスポ駅で下車。
降りたら、進行方向後ろの、先ほど通り過ぎた橋に向かって戻ります。
橋のたもとあたりに、左に曲がるサイクリングロードがあるので
それを左に行くとしばらくしてひっそりと山小屋みたいな建物が見えてきます。
それがユース。

人気ないのか、大部屋を独り占めでした。
上の階に子供たちの集団が泊まっていて、かなりうるさかった。
かなり寂しい感じの場所にあるので夜の到着はおすすめしません。


駅からユースに向かうトラムをそのまま乗っていると、
ホーボーゲンという街に着く。
どうやらここには、でネロとパトラッシュの像があるらしいので、
ちょっと行ってみた。
2008101603.jpg
これをわざわざ見に来るのって、日本人ぐらいかもなー。


ランキング参加中です☆
 
【2008/10/16 18:40】 | 17か国目★ベルギー(08.10/16〜10/20) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<相方と再会できました。 | ホーム | 雨のロッテルダム>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sekairyokou.blog112.fc2.com/tb.php/375-e4cae760
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。