はじめに
20代にできなかった世界旅行を、30歳で彼氏と一緒に!と
2008年2月29日に出発した世界一周旅行。
旅行日数のべ425日、2009年4月29日に帰国いたしました!
最終地のハワイで彼氏は旦那となり…
準備期間から旅行中のあれこれ、事後報告など右のカテゴリ別にご覧ください☆
 
>>メインサイト 
>>彼氏のブログ
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
アムステルダムへの道
ただいま、私は日本で静養中ですが、
相方はスウェーデンで旅行を続けているわけです。

体はともかく、気持ち的にはかなり元気になっているので
早く出発したくてしょうがない!

それで、10月9日に、再出発を決めました。

目的地は、アムステルダム!オランダです。


で、先日、羽田~香港のJAL便と、
香港~アムステルダムのフィンエア便のチケットが手に入りました。

そもそも、私たちはいま、世界一周航空券というのを使用中なのだけど、
このルートも変更したわけです。
これが思ったより大変だっだ~。

まぁ日本語でできただけ、いいといっちゃぁいいのだけれども。
外国で同じことができるか心配だなぁ。

以下その辺のことを書こうと思います。
長くなるし興味ない人にはつまらないと思うので、
興味のある方だけ、続きを読む、をクリックしてみてください。
まず、私が持っているチケット。
ワンワールドエクスプローラーという世界一周航空券。

今は16区間しか利利用できなくなっちゃったけど、
購入時は20区間までOKでした。

なので、飛行機に15回乗って、自己手配(つまり陸路区間)を5回というプランを考え
15枚のエアチケットがつづられたチケットを持って旅行しています。

最初が成田~香港のJALチケットで、すでに使用済み。
次の香港~ムンバイが自己手配なのでチケットがなく
(実際には陸路だけでなくタシケント~デリーと
カトマンズ~ムンバイを格安航空会社の飛行機を利用したりもしたけど)
その次にの区間としてフィンランドエアのムンバイ~ヘルシンキのチケットを手持っています。


だけど、先に進んでいる相方とも相談して、
私はアムステルダムを再出発の最初の目的地に決めました。
さて、どうするか…。

ノースウエストとJALのマイルが少し溜まってはいるのだけれども、
ヨーロッパに行けるほどではありません。
せいぜいインドまでかな。

いくつか考えられる方法としては、
1、ムンバイ~ヘルシンキ間のチケットを捨ててしまって、成田~アムスのチケットを別途購入。
2、ムンバイまでマイルを使って行き、一周チケットを予定通り使用。ヘルシンキ~アムスを別途購入。
3、一周チケットのルートを変更し、足りない区間を別途購入。

ワンワールドのルート表を眺めていたら、
キャセイが香港からアムスの直行便を運行していることがわかりました。

私たちは、一周チケット上では、いま香港にいるのと同じだし、
香港~アムスだったら、一周航空券のルート変更で行くことができる!

ということでまず、
今もっているムンバイ~ヘルシンキがフィンエアなので
リルートのお願いをするべくここに電話をかけてみたのでした。

かなり丁寧な対応。
でも結局、私が持っているのは131で始まるJAL発行のチケットのため、
JALで変更してください、とのこと。

次はJAL。
通常であればここで変更してくれそうだったんだけど、
私が持っているのは紙のチケットで、
さらに1区間目のJALを利用済みのため、次の区間が第一区間となるためとかで、
とするとキャセイで変更してもらうのが道理らしい。

他キャリアの空席状況は、JALがすべて把握しているわけではない、というようなことも言われ、
というか電話口から、これやるとJAL側が面倒くさいんだよ、という雰囲気が漂ってくる。

しょうがないので、キャセイに電話。
こっちはさらに面倒くさそうで、
変更手数料も調べないと分からないし、チケットの詳細もこちらでは分からないから
やっぱりJALで変更してもらわないと、としか言わない。

だからいろいろ調べてかけなおしてもらうことに。
結局、手数料はJALと同じだけれど、JAL発行のチケットなので
それを変更するということで39ドル余計にかかることがわかった。

それから、キャセイでは本当に詳細がわからないため、航空券を全部ファックスで送ってくださいという。
面倒くさいしお金が余分にかかるので、JALに連絡することにして電話をきる。

そして再度JALへ電話。
事情を説明すると、
わかりました、JALでやります、と言ってくれた。
でもやはり、本来はキャセイでやるもの、というようなことを付け加えるのは忘れない。

キャセイだと、香港00:05発のアムステルダム行きがあるらしい。
JALのマイルを使って香港へ行けば、21:55に香港へ着く便があるから丁度いいともくろんでいた。

でもこのときには、日程をまだ確定できなかったので
予約番号を作ってもらって翌日連絡することにした。
残席を聞くと4席とのこと。急がないといけない。
これだけで半日使った。

で、翌日の朝8時、再度JALに電話。
予約番号と希望日程を告げると、なんと満席とのこと。
10月中は、すべて満席です、と言われてしまう。

あーこんなことなら、昨日決めてしまえばよかった!

キャセイさんなら、残席があるかもしれませんよ、と言われ
とりあえずキャセイに連絡してみることに。

キャセイに電話。
やっぱり満席。
ワンワールド内では、各キャリアの空席状況は共有しているので
自社便の席を多く把握しているということはありません。と言われる。
なんだよ、JAL。でも、ということは、JALはそうしているのかもしれない。

なので、またまたJALに電話。
ヘルシンキエアの香港~アムス(ヘルシンキ経由)はどうだろう。
経由をすることで1区間増えてしまうけれど、香港~ムンバイの自己手配分1区間が減るんだから
ちょうど飛行機16区間、自己手配4区間となってぴったりのはずだ。

こちらは空席があった。なので即予約。

必要な費用は、変更手数料が125ドル。
それに加えて変更した空港の使用料やら税金の差額やら。
その計算に1日かかります、と言われる。

翌日、電話がかかってきて、差額分の目安を教えてくれた。

実際には、現地通貨のその日のレートで支払うのであくまで目安ということだけど、
だいたい3000円ぐらいとのこと。


とりあえす、香港から先の手段は確保。

次は香港まで。
どうやらJALでは深夜に到着する羽田からの便があるのでそれを狙う。
マイレージ特典旅行の受付に問い合わせると
残席があり、無事確保。

片道しか使わなくても、マイルは往復分とられてしまう。
復路は1年オープンにすることもできますよ、と教えてくれたけど
使い道がなさそうだし、
はじめから片道なら燃料分も片道分でOKなので、復路は捨てることにする。
燃料料と税金などでかかった費用は12000円ほど。

香港ぐらいなら、燃料代入れて5万円ぐらいでチケットが買えるだろけど、
今は目先のお金の節約が先決である。
なんせ、病気したせいで、70万ほど余計な出費がかかってしまった。
もちろん、保険で戻ってくるものもあるけれども
全額ではないだろうから、いまはちょっとビクビクしている。
私たちの総予算は500万円なので、この金額のでかさがお分かりかと。


あとは、有楽町のJALプラザに行って、
チケットを再発行してもらい、お金を支払えば終わり。

ふぅ。チケットとれた!



ランキング参加中です☆
 
【2008/09/24 21:14】 | 日本にて☆一時帰国中(08.9/13〜10/8) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<病は気からというけれど | ホーム | 暑さ寒さも彼岸まで>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sekairyokou.blog112.fc2.com/tb.php/358-fff458a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。