はじめに
20代にできなかった世界旅行を、30歳で彼氏と一緒に!と
2008年2月29日に出発した世界一周旅行。
旅行日数のべ425日、2009年4月29日に帰国いたしました!
最終地のハワイで彼氏は旦那となり…
準備期間から旅行中のあれこれ、事後報告など右のカテゴリ別にご覧ください☆
 
>>メインサイト 
>>彼氏のブログ
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
お腹のエコーを取る、帰国を決心する。
最初の発熱から16日目。

仰向けだとお腹が気持ち悪いので、もっぱら右向きで寝ているのだけれど、
数日前、横向きで寝ていると脇のところが痛くなるというのに気がついた。
どうやらあばら骨があたって痛いようなのだ。

また、病院とかで堅いイスに座ると
尾てい骨がゴツっとあたって痛いというのも発見した。

鏡の前で、服を脱いでみたら、
正面からあばら骨がくっきり見えているのはもちろん、
横から見ても、後ろから見ても、
皮の下からぐるっとあばら骨の存在が確認できた。
背骨の部分も妙にゴツゴツとへこんで骨のジョイント部分が見えているし。

そういえば、顔もこけたし、胸のサイズも落ちた。
足も筋肉がなくなってきている。

かなり、痩せたのだ。
部屋の体重計で計った感じだと、5キロほどダウンしている。

なのに、お腹だけがぽっこりと張ってるのはどういうことか。
たまに痛くなるし、押すと、気持ち悪い。
他が細くなっているから余計気になる。

なので、今日は朝の点滴をしにいったついでに
ドクターに会って、そう伝えた。

OK、明日にでもエコーをとりなさい。今日でもいいけどね。
とりあえずガス抜きと腹痛の薬をあげよう。
チーン!診察料800ルピー(2400円)。

すぐにエコーをとった。結果は明日だそうだ。

でもなんだか、
エコーの結果がどうであれ、
私はこのままここで安心して治療を続けられるのか?
と自問自答したときに、すごく不安になってきた。

なにより、英語力が足りないのがもどかしい。

それからこの、お腹の不快さはなんだろう。
腸チフスは、発症から3週目ぐらいで腸に腫瘍ができたり穴があいたりもするらしい。
そういった可能性は本当にないのだろうか?

このあいだの検査の結果で、肝臓が悪いのは分かっている。
仮に、点滴をし続けて腸チフスが治ったとしても、
その後、肝機能が正常に戻ったかフォローしてくれるだろうか?

そんなことを考えていたら、
日本に帰る、ということがベストのような気がして来た。

今日で点滴3日目。
点滴をしてからは、38度台の高熱がでていないので
きっと効いているのだろう。

明日にでも、翌日発の日本行きチケットを買えば、
インドで5日間点滴をしたことになる。
続きは日本でやって、不安なことを日本語で説明してもらって、
とにかく完全に治してしまいたい。そんな気持ちになった。

相方も賛成しているし、気持ちは固まった。
明日、チケットを買いに行こう。
2008091101.jpg
ズボンがずりおちる。
【2008/09/10 22:41】 | インド再訪(08.9/4〜9/12) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<チケット購入 | ホーム | 満足度の低い高級ホテル>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sekairyokou.blog112.fc2.com/tb.php/349-22877cbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。