はじめに
20代にできなかった世界旅行を、30歳で彼氏と一緒に!と
2008年2月29日に出発した世界一周旅行。
旅行日数のべ425日、2009年4月29日に帰国いたしました!
最終地のハワイで彼氏は旦那となり…
準備期間から旅行中のあれこれ、事後報告など右のカテゴリ別にご覧ください☆
 
>>メインサイト 
>>彼氏のブログ
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
インドの医学はきっと進んでいるのだろう。
最初の発熱から11日目。

昨日やった血液検査と尿検査の
結果が出ているはずなので病院へ行く。
2008090501.jpg
宿から病院まではタクシーで30分ぐらいかかる。
人々が気持ち良さそうに堤防に腰掛けたり散歩しているのを横目に
マリンドライブという海岸線をまっすぐ北上するのだ。

さて、結果を見ると、
ASTが319(正常値15-46)とか、
ALTが246(正常値13-69)とか、
ガンマGTが141(正常値12-58)とか、
ことごとく肝臓関係に異常があるのがわかる。

白血球にも異常があるようで、
血液検査をするたびに腕にアザができていたのはそのためなのかな、きっと。
血沈の数値も高かった。
あとは、よくわからない。
だけどカトマンズの病院でもらった血液検査の結果よりも
より詳しくてしっかり調べてそうだった。さすがインドだ。

もらった薬を昨日から飲んでいるけど
まだ熱がでる、とドクターに言うと、
薬の場合はあと2日ぐらいしないと効き目がでないから
月曜日まで様子をみなさい、と言われる。

というか、一番は入院、とまた念を押された。

でも私が入院を嫌がっているのをわかったのか、
入院しなくても、朝と晩の2回、病院に通って点滴して、
あとはホテルで食事して、眠ってというのも可能だよ、と言う。

え?そうなの?
だったら、そうしたい。
私だって早く治したいのだ。毎日高熱が出て、本当にシンドイ。
点滴の方が効き目がありそうだし
入院しなくてもいいなら、もちろんそうしたい。

昨日そういってくれれば、病院の近くに宿を変更したりもできたのに。
っていうか、だったら最初から、1日2回点滴しに来いと言ってくれればよかったのに。
と病院から出てタクシーの中で思いついた。

今日は金曜なのでとりあえず、
月曜まで薬を続けて、症状がよくならなかったら点滴を始めるということになった。
【2008/09/05 09:00】 | インド再訪(08.9/4〜9/12) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ガネーシャ祭 | ホーム | ムンバイで日本領事館と病院>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sekairyokou.blog112.fc2.com/tb.php/344-9838c8a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。