はじめに
20代にできなかった世界旅行を、30歳で彼氏と一緒に!と
2008年2月29日に出発した世界一周旅行。
旅行日数のべ425日、2009年4月29日に帰国いたしました!
最終地のハワイで彼氏は旦那となり…
準備期間から旅行中のあれこれ、事後報告など右のカテゴリ別にご覧ください☆
 
>>メインサイト 
>>彼氏のブログ
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ムンバイで日本領事館と病院
最初の発熱から10日目。

昨晩泊まった空港近くのホテルを午前中にチェックアウトし、
中心地っぽいインド門のあたりまで1時間ぐらいかけタクシーで向かう。
今日も朝から38度の熱があり、解熱剤を飲んでの移動だ。


さて、ムンバイ。
車窓から見える風景に、大いに驚く。
想像以上の大都会であった。
ビルがあれば、デパートらしきものもあり、
すごい数の車が渋滞している整備された道路。
そして広告。
町を歩く人の格好もなんだか洗練されている気がする。

さすが、インドの一大商業都市。
インドの大企業は本社がムンバイにあるところが多いらしいし、
インドエンタメの中心ともいえる映画もここムンバイで作られているため
ハリウッドならぬ、ボリウッドと呼ばれているんですと。

数年前まで、ボンベイという名前だったのだムンバイは。


さて、まずは宿。ガイドブックで評判のよかったYWCAに向かう。
宿がとにかく高いムンバイにあって、ここは私たちの懐にも痛くない値段だし、
なにより、朝と夜の2食付というのが魅力的だ。

いまの私はかなり体力が落ちていて、
目の前にある物以外、食べる気がしないのだ。

明るく高級そうなレセプションにちょっとひるんだけど、
対応してくれた人は気さくな感じだった。

予約していかなかったので、ビッグルームしか空いてないよと言われる。
見てみると、ドミトリーにも使えそうな4人部屋だった。
2008090401.jpg
明日は部屋が空くみたいなので、とりあえず今日はこの部屋にチェックインする。

少し休んでから、タクシーで日本領事館へ。

実はデリーにいるときに、日本にいる親に頼んで
ムンバイの領事館へ荷物を送ってもらうようお願いしていたのだ。
それを早く受け取りに行きたい。

もう2ヶ月ほど前のことになるけれども、私はキルギスでカメラをスられてしまった。
だけどその後、クレジットカードの付帯保険を申請し、
カメラ代はまるまる戻ってきたのだった。ホント保険は大事!

このときスられたのは、リコーのGX100だったのだけど、
ちょうど日本で、GX200という後継機が発売されたばかりなのを知り、
デリーにいるときにネットでそれを購入していた。

送ってもらったのはそのカメラやら、
これから行くヨーロッパのガイドブックやら、薬やら
彼の実家と、私の実家の共同作業で(というか両方に迷惑をかけて)
用意してもらったいろいろな救援物資である。

もちろん、領事館にはデリーで事前に連絡を入れてあるし
今日も電話してから領事館に向かった。
そうして無事、荷物を手に入れたのだった。

領事の人に、ついでに病院の事も聞く。
すると、チェックしていたブリーチキャンディホスピタルというところが
領事館から近いところにあるというので、
その足でそこに行ってみることにする。
相方は、ダンボールを抱えているのだけれどもね。

で、病院に着き、OPDで診察を受けたい旨を伝える。
ここの受付のおばちゃんが、とても感じ悪かった。
先生の名前が書かれた用紙に自分の名前を書いて順番を待つ。

しばらくすると名前を呼ばれ、診察室に通された。

カトマンズの病院でもらったレターを見せると、
ドクターは、お、こりゃ大変だねという感じでお腹を触診し
メモ用紙にマジックで大きく「Enteric Fever」と書いた。
やっぱり腸チフスかぁ。。。

そして「入院して点滴を7日間受ければ、100%治るから安心しなさい」という。
入院するのやだなーと怯えていたら、
「それか、この薬を7日間飲んで治す方法もある」と言う。

とりあえず、今日は検査をして、明日その結果が出るから
そのときまでにどうするか決めなさい、と。

私が「今日はネパールでもらった薬をそのまま飲んでればいいの?」と聞くと
「それが君の助けになったか?」と聞き返される。
今までのところ、おそらくノーだ。
「じゃぁ新しい薬に変えなさい」と言うので、
入院が怖い私的には、薬で様子見てみようかなーと心はほぼ決まったのだった。

その日は血液検査と尿検査をして、薬をもらって帰る。

何をするにも、そのつどお金を払わなくてはならない。
面倒くさいシステムだ。
だけども、ネパールの病院より腸チフス慣れていそうなのが心強いし
なんの根拠もないけど、ここなら治りそうな気はする。


2008090402.jpg
宿に戻って、荷物を開けた。
ちゃんと入っていました!双方の実家に感謝です。
どうもありがとうございました!

なにげに私が一番心待ちにしていたのは、喉スプレーとチョコラBBである。
ここ数日喉が痛くてたまらなかったのだ。そして口内炎もできている。
風邪じゃないというのだから、きっと粘膜が弱っているのでしょう。

残念なのは、元気なときなら、
カメラを手にしてもっと喜べたのに・・・
といいつつ、部屋からみえる夕焼けを撮ってみる。
2008090403.jpg
カシャリ。

夜、また38度台の熱が出て、解熱剤のお世話になる。
新しい薬はネパールのものとは違う抗生剤なのかな。
効いてくれるとよいのだけれど…。


ランキング参加中です☆
 
【2008/09/04 20:34】 | インド再訪(08.9/4〜9/12) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<インドの医学はきっと進んでいるのだろう。 | ホーム | カトマンズからムンバイへ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sekairyokou.blog112.fc2.com/tb.php/343-ee907f29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。