はじめに
20代にできなかった世界旅行を、30歳で彼氏と一緒に!と
2008年2月29日に出発した世界一周旅行。
旅行日数のべ425日、2009年4月29日に帰国いたしました!
最終地のハワイで彼氏は旦那となり…
準備期間から旅行中のあれこれ、事後報告など右のカテゴリ別にご覧ください☆
 
>>メインサイト 
>>彼氏のブログ
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
居心地のよい日本人宿で静養
最初の発熱から4日目。

朝起きると、ナンと体温は34.5度!だった。
人生初の34度代である。
ありえない。これは下がりすぎだ。

ドクターへの不信指数はもうかなり上がっている。
そして相変わらず気分は悪いし、フラフラする。

この感じはいままで何度か経験したことのある、
高熱の後のフラフラ感とはなにか違うのだ。

朝、ドクターが来た。
気分が悪いのは、シャワーでもあびて、朝食を食べたらすっきりするよ
と言うのだけど、もちろんそんなことで直るようなものではなさそうなのはわかっている。

昨日指示されたとおり、久しぶりに出た便をとっておいたのだけど、
ドクターはそれを観察する。

昨日の尿もそうだったけど、目視だけでなにかわかるんだろうか?
それも疑問のひとつだ。

彼は、マラリアでもないし、もう安心だ、と5日分の薬を私にくれた。
もし5日後もカトマンズにいるならば、アメーバーがいないかチェックしたい
ということをボソリと加え、
もしなにか具合が悪くなったら、他の医者じゃなくて必ず私を呼ぶように
ということを何度も強調して出て行った。

確かに熱はないし、何か食べようと隣の「おふくろの味」に行く。
あたたかい雑炊を食べ、満たされる。

相方と相談し、宿を変えることにした。
今の宿は決して悪くない。値段相応の安宿だ。
ドクターを呼んでもらったりとお世話にもなった。
だけど、太陽熱で湯を沸かしているため、晴れている時しか湯がでないのは、
一日中汗をぐっしょりかき続けている私にとってはストレスでもあった。

ドクターが言うように、本当に5日間も休養が必要なのかはわからないけれど、
とりあえず、もう少しゆっくり休める宿でしばらく休養しようということになった。

すぐさまタクシーで、目当ての宿に移動。
道が悪いので、振動が頭に響く。

目的地は「キドホテル」という日本人宿で、
タメルとは離れた静かな場所にある。

現地人スタッフの、いらっしゃいませ、という言葉で迎えられ、
予約はしていなかったけれども部屋は空いていたようで安心した。
具合が悪いことをチラリと言ったからかどうかはわからないけれども、
リビングスペースとキッチンの着いたファミリールームを用意してくれた。
2008082901.jpg
寝心地の良いベッドと、熱いシャワー。そして日本語!
ここならゆっくり休めそうだ。
【2008/08/29 17:07】 | 15か国目★ネパール(08.8/22〜9/3) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<熱はないけど何かがおかしい… | ホーム | 妙に旅行者慣れしたネパールの医者>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sekairyokou.blog112.fc2.com/tb.php/337-9b2b8535
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。