はじめに
20代にできなかった世界旅行を、30歳で彼氏と一緒に!と
2008年2月29日に出発した世界一周旅行。
旅行日数のべ425日、2009年4月29日に帰国いたしました!
最終地のハワイで彼氏は旦那となり…
準備期間から旅行中のあれこれ、事後報告など右のカテゴリ別にご覧ください☆
 
>>メインサイト 
>>彼氏のブログ
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
外国人が激怒するアーグラーへのツーリストバス
昨晩は、目が覚めるごとにびっしょりと寝汗をかいた服を着替え
バファリンとORSを摂取しひたすら眠った。

朝6時にセットしていた目覚ましの音で目が覚めると
だいぶ気分がスッキリしている。
熱を測ってみると、36度台になっていた。

このORSはすごいと思う。
これがなかったら、40度の熱がこんなにすぐには下がらなかったような気もする。

よし、アーグラーに行こう。
私たちは用意して出発した。

バスは相方がチケットを買ったニューデリー駅前の旅行会社に到着するらしい。
このあたりの旅行会社は、ガイドブックに
「トラブルが多いので要注意」と書いてあったのだけど、
それを知りつつ、早くアーグラーに行きたい一心でチケットを買ってしまった。
今思えば、やはりそれが失敗だった。

私たちは6時半にバスに乗ったものの、
2時間ほど客を乗せるためにニューデリー周辺から動かない。

しかも、私たちのチケットはノーエアコンだったらしく、そのため
このバスはエアコンだから席を替われと言う。嫌な雰囲気だ。

エアコンなんていらないのに!と思いながら最前席に移動させられる。

すると、口論をしている白人女性がいた。
彼女もどこかの旅行会社を通してチケットを買ったものの
エアコンなしのチケットなので席がないと言われているらしかった。

お金を返せと言っているのに、バスのスタッフは返す様子がない。
結局、彼女は席を確保したようだった。

しばらくして、座席は満席に近くなってきた。
すると、またさっきの女の子が何かもめている。
彼女の辛抱強い抗議の甲斐があって
ようやくバスは止まり、いくらかお金を返してもらいバスを降りていった。

どうしたんだろう、と思う。
どうせ旅行会社に戻っても彼らが払い戻しするとは思えなかったし
日にちを変えてもきっと同じバスに乗ることになるのだろう。
列車で行こうとしても今日はもうアーグラー行きは満席のはずだ。
明日の列車もおそらくもう満席かもしれない。
乗っていれば、とりあえずはアーグラーに着くのに。
と、そのときは思っていた。

次にバスが止まったとき、インド人のグループが乗り込んできた。
すると、バスのスタッフは、私たちに
ノーエアコンの席はないから前に移動しろという。

前と言うのは、運転席の脇の空きスペースのことだ。
もし席に座りたかったら、エアコン分の差額を払えと言う。
その差額というのが、結構高い。

さっきの女の子はこれでもめていたのか、と納得する。
本当に、あこぎな商売である。

普段だったらさっきの子みたいに抗議してバスを降りるか
意地でも差額を払いたくないから移動するかのどちらかだと思うけれども、
今日は体調が悪い。
ムカつくけれどもお金を払った。

もういい。どうでもいいから、無事アーグラーに着いてさえくれればいい。

そのスタッフは、今度は別の外国人に同じようなことを言いにいった。

どうやらあのあたりの旅行会社は本当に無責任な会社が多いようだ。
私たちのチケットはノーエアコンだといっても、
バス料金としてそれなりの額を払っている。

旅行会社が中抜きしているのでバス会社にとっては足りないのか
それとも悪質な集団詐欺なのかわからないけどとにかく腹が立つ。

私たちを含めて外国人が席をどかなかったので
あとから来たインド人が運転席のそばに陣取ることになった。
もしかしたら、案外こんなのはインドでは普通のシステムなのかもしれない。
もうよくわからない。

そんなこんなで、とりあえずバスは走り出した。
アーグラーまで200キロほど。たいした距離じゃない。
最初、何時に着くのかきいたら12時と言っていた。

ちょうど12時ごろ、バスが止まった。

着いたか!と思いきや、
ここは寺にお祈りするだけという。
なんだかおかしい。

さっき、ガイドっぽい老人がバスに乗り込んできて
ヒンズー語で何か熱弁を振るっていたし。

そんな悪い予感は的中し、このバスはどうやらデリーからアーグラーまでの
一日ツアーバスだったようだ。
そんなことはもちろん知らない。
私たちは、ただアーグラーまでのバスチケットを買ったつもりだったのだ。

どうりで、軽装なインド人乗客が多かったわけだ。
彼らはいったいいくらでこのバスにのっているのだろうか。気になる。

団体で名の知れぬヒンドゥー寺院を見学し、バスに戻る。
2008081601.jpg
次がアーグラーのようだ。早く行ってほしいのいに。

アーグラーフォートの前でバスを降りる。
2008081805.jpg
このまま乗っていれば、バスは夜にはデリーに戻るのだ。
その分の料金を、私たちは払ってしまっていることになる。
ここまでくると、なんだか笑えてくる。

でもまぁ、とにかく来れたのだからよしとしよう。

オートリキシャでタージマハルの近くに移動し
宿にチェックインする。
2008081602.jpg
この宿は、屋上のレストランからタージマハルが見渡せるのがよい。
夜まで部屋で休んで、夕食はそこで食べた。

そういえば今日も、バスの休憩所でサンドイッチを少しお腹に入れただけで
ろくな食事をしていなかった。

意外にも、このレストランで食べたチャーハンとベジタブルカレーがおいしくて
なんだかうれしい気持ちになる。
相方も私も、久しぶりに食欲が戻ってきた。

明日はゆっくり休んで、体調を万全にしたい。


ランキング参加中です☆
 
【2008/08/16 12:53】 | 14か国目★インド(08.8/10〜8/21) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<邪気払いになるか… | ホーム | 目覚めるとリシュケシュ!ではなく…>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sekairyokou.blog112.fc2.com/tb.php/321-e92fbc0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。