はじめに
20代にできなかった世界旅行を、30歳で彼氏と一緒に!と
2008年2月29日に出発した世界一周旅行。
旅行日数のべ425日、2009年4月29日に帰国いたしました!
最終地のハワイで彼氏は旦那となり…
準備期間から旅行中のあれこれ、事後報告など右のカテゴリ別にご覧ください☆
 
>>メインサイト 
>>彼氏のブログ
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
タシケントからデリーへ
昼に宿をチェックアウトし、バスでタシケント空港へと向かう。
バスはなかなかこなかったけど、
乗ってしまえば結構近くてあっという間に着いた。

電光掲示板を見てみると国際線の出発便は2時間に1本ぐらいしかないようだ。
ロビーで待っている客の姿もすくない。

3時間前にチェックインが始まったので一番乗りぐらいの勢いで
カウンターにおもむいた。

ここはまだウズベキスタン。
出国するまで油断はできない。

なんていう気構えはまたしても徒労に終わり、
関税チェックも出国審査もゆるーりゆるーりと
何事もなくスルー。

出発までの暇な時間を適当につぶし、
飛行機はほぼ予定時刻どおりに出発した。
2008081001.jpg
私たちは早めにチェックインしたからか、
エコノミーの一番先頭座席だったので快適だった。
しかも機内食の夕食も出て、これはカレーであった。
インドへ向かう気分が盛り上がる。

というか、中央アジアの食事に飽きてきていた私たちには
このカレーライスがめちゃめちゃおいしく感じたのだった。
数日前から、早くインドに行きたくてしょうがなかった。
ヒバに行けなかったせいでタシケントで足止めを食ったというのも大きいけれど。

飛行機は3時間ぐらいでデリーに到着。
空港は思ったより立派で、WIFIも飛んでいるし都会な印象を受けた。

両替をして外に出ると、むんわりじんめりとした空気がまとわりつく。
気温は30度ないんじゃないかと思うぐらいなのだけど
湿気のせいでひどく汗がでる。

相方が、以前来たときは外に出るなりすごい人だかりに囲まれたのになぁ
と、ちょっと残念そうにつぶやいた。
確かに、まだ誰にも声を掛けられていない。

ウズベキスタンからの便なので、
日本人相手に商売する人もノーマークなのかもしれない。


空港からは、タクシーやリキシャの悪い評判を聞いていたので
中心地までバスで行くことにした。
だけどなかなか来なくて、40分以上は待ったかな。

バスに乗りながら、窓から入ってくる風や虫を感じながら
湿気のある熱帯夜は気持ちいいなぁなんて
背中にびっしょり汗をかきながらのんきに思っていた。

昨日までカラッと乾燥した国にいて、
部屋の中に洗濯物を干しても数時間で乾くのは魅力だったんだけど
デリーで感じる湿気がなんとなくく日本の夏の空気を思い出させ
気持ち的にしっくりきたのかもしれない。
東南アジアに行ったときのワクワク感もそれに近い。


さて、車掌にニューデリー駅で降りたいと言っておいたらば
ここだよと降ろされ、ついでに駅と思われる方向を指してくれた。

周囲が暗いので自分たちがどこにいるのかすぐには分からない。

だから、とりあえず車掌が指差した方に歩いていったのだけど、
リキシャの運転手や通行人風のおやじに
パバールガンジはそっちじゃないよ、こっちだよ
などと言われたら、それが本当なのかウソなのかなんて正直分からない。

結果的には
善人面をしてウソをついていたおやじのおかげで
えらい遠回りをさせられてしまった。

彼はどうしてウソをついたか?
それは自分のリキシャに乗せたかったからだ。

私たちの先回りをして、何度も
まだ遠いからリキシャに乗れと言って来たのだから間違いない。

後から思うと、バスを降りたのははコンノートプレイスの端で、
そのまま車掌が指した方向に歩いていけば
安宿街である駅前のパハールガンジまで歩いて数分のところだった。

遠回りさせられたと気がついたのは
宿にチェックインして地図をじっくり見てからのことだった。

でもパハールガンジにはたどり着いたし、
最後までリキシャに乗ってやらなかったことでこちらの勝ちとしようではないか。


パハールガンジらしきところに着くと
夜道に落ちている大量のベチャベチャウンコや
道をはばむ牛たちにビクビクしながら
ズボンのスソを持ち上げながら慎重に歩く。

夜でも宿は結構やっていて、
何軒かを見てからエアコン付きの部屋にチェックイン。
でもインドはファンが着いているのでエアコンなしでも大丈夫そうだ。

とりあえず、ひどく疲れた。


ランキング参加中です☆
 
【2008/08/10 22:46】 | 14か国目★インド(08.8/10〜8/21) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ここがインドか。 | ホーム | ウズベキスタンの外国人滞在登録>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sekairyokou.blog112.fc2.com/tb.php/315-086be892
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。