はじめに
20代にできなかった世界旅行を、30歳で彼氏と一緒に!と
2008年2月29日に出発した世界一周旅行。
旅行日数のべ425日、2009年4月29日に帰国いたしました!
最終地のハワイで彼氏は旦那となり…
準備期間から旅行中のあれこれ、事後報告など右のカテゴリ別にご覧ください☆
 
>>メインサイト 
>>彼氏のブログ
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ウズベキスタンの分厚い札束
ウズベキスタンの貨幣はソムといい、
最も高価な紙幣は1000ソム札(約82円)だ。

だから、銀行で200ドルを両替すると
2008080701.jpg
これくらいの札束になってしまう。

一瞬、お金持ちになった気分を味わえるのだけれど
そんなに物価が安いわけではないので意外とすぐになくなってしまうのが少し悲しい。

だって、タシケントでこの1000ソム札1枚でどんなものが買えるのかといえば、
例えば、1.5リットルペットボトルのアイスティー1本、
例えば、食堂のシャシリク(肉の串焼き)1本
例えば、インターネット約1時間半
といった程度である。

だから宿代などまとまった額を払う場合には
札束がアッという間になくなってしまう。

だからという訳ではもちろんないだろうが宿は結構ドル表記のところが多く、
ブハラやサマルカンドなど観光地の宿では
宿で儲けているレートが悪いためドル払いした方が有利であった。


この間列車のチケットを買いに行ったときなんかは、
なぜか現地のみなさんは小額紙幣である200ソム札の
分厚い札束を持って並んでいて、
それをドスンとカウンターに出してチケットを購入していた。
なんとなく不思議な光景。

さしあたり、1万ソム札を作ればもっと便利になると思うのだけれども。



ランキング参加中です☆
 
【2008/08/07 21:18】 | 13か国目★ウズベキスタン(08.7/29〜8/9) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ロシア語のオリンピック中継を見る | ホーム | タシケント再び>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sekairyokou.blog112.fc2.com/tb.php/311-cbc3fe92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。