はじめに
20代にできなかった世界旅行を、30歳で彼氏と一緒に!と
2008年2月29日に出発した世界一周旅行。
旅行日数のべ425日、2009年4月29日に帰国いたしました!
最終地のハワイで彼氏は旦那となり…
準備期間から旅行中のあれこれ、事後報告など右のカテゴリ別にご覧ください☆
 
>>メインサイト 
>>彼氏のブログ
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ブハラのイスラム建築めぐり
ブハラではB&Bに泊まっているので、朝食が付いている。
ナンと目玉焼き、ソーセージ、デザートのフルーツとなかなか豪華なのがうれしい。

どうやらお腹は復活したようである。

午前中の日差しはまだやわらかく、
吹いてくる風はいくぶんさわやかだ。少なくとも昨日のような熱風ではない。
早速観光にでかける。

まずは昨日外観だけ見て力尽きたカラーンモスクだ。
中はとても広く、青いタイルやレンガの模様の装飾が美しい。

ミナレットに登りってみたかったのだけど、
午後2時からだと言われて退散。

実は午後にまた来たのだが、入場チケット代の他に
4500スム(370円)を請求されたので登るのをやめた。
1000スムぐらいだったら登りたかったのに…。


午前中は、歴代のハーンが住んでいたという城跡にも行ったけど、
ここの入場料も高く、最初ふたりで8000スムと言われたので
入るのをやめることにして後ろを向いところ、
なんと電卓を叩いてディスカウントしてきた。
どういうシステムになっているんだろうか…。

せっかくなので中に入って見学したものの、どちらかというと
外から見えるツルンとした城壁の方がインパクトがあり印象に残った。

この城の正面あたりにモスクがあり、この建物も美しかった。
2008080104.jpg
お祈りの時間が近いのか、人々が絨毯を引き始めていたのだが、中を見せてくれた。

それからこれは9~10世紀に建てられたというイスマイールサマー二廟で、
小さい建物ながら、こんな凝ったレンガの装飾は初めてみた。


昼寝をしてから夕食ついでに散歩に出た。
数少ない安そうな食堂が軒並みクローズしていて
今日は夕食抜きかと覚悟したところ、
たまたま裏道のインターナショナル料理のカフェが営業していたので
値段が張りそうなのを覚悟して店に入った。

料理の値段は思ったとおりの観光地価格だったけれども、
予想外にうれしかったのはテラス席があり、
そこから交差点バザールであるタキのモコモコとした屋根越しに夕日が望めたこと。

後ろ手に組んだウエイターが
音を立ないようにゆっくりとシルバー類をテーブルセットしてくれたり、
注文したコーラとファンタの瓶を確認させてからゆっくりグラスに次いでくれたり
こちらが恐縮してしまうほどの丁寧すぎるサービスだったのだけれども
もちろん悪い気はしない。

ブハラ観光の締めくくりにピッタリだった。

明日は朝のバスでサマルカンドに向かう。


ランキング参加中です☆
 
【2008/08/01 19:19】 | 13か国目★ウズベキスタン(08.7/29〜8/9) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ブハラ~サマルカンドへ | ホーム | 砂漠のオアシスふたたび、ブハラ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sekairyokou.blog112.fc2.com/tb.php/304-6a92d205
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。