はじめに
20代にできなかった世界旅行を、30歳で彼氏と一緒に!と
2008年2月29日に出発した世界一周旅行。
旅行日数のべ425日、2009年4月29日に帰国いたしました!
最終地のハワイで彼氏は旦那となり…
準備期間から旅行中のあれこれ、事後報告など右のカテゴリ別にご覧ください☆
 
>>メインサイト 
>>彼氏のブログ
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
キルギスのおいしい水
ビシュケクで滞在している宿には、
湯沸しポットがあって自由にお湯が飲めるのだけど
ポットに入れる水はといえは、水道水であった。

この間読んだ本によれば、
山岳部の多いキルギスでは水道水が天山山脈の湧き水であり、
地元の人は飲んでいるとのこと。
また、水道官事情もあって
じゃぐじをひねって水を飲むことができるのは、
中央アジアでキルギスだけとあった。

確かに、宿の子供を観察していたら
コップで水道水をくんで直接飲んだりもしている。

ある日、宿にいる日本人で水についての話に及んだときには
噴水の水をくんで飲んでいた地元の人を見たという人や、、
いやいや、スプリンクラーの水を飲んでいたのを見たと言う人までいた。

そういえば歩いていくつか井戸も見かけた。
子供が井戸水を飲んでるところもあった。
井戸水はさぞ冷たくて気持ちいいだろうな。

そろそろこちらに来て2週間以上が経つし、
沸かしたお湯は問題なく飲んでいる。
先日はアルティン川に注がれる湧き水をガブガブ飲んできたばかりだ。

なので試しに私も水道水を飲んでみたが、
いまのところお腹の調子もいつもどおりなので、
おそらく大丈夫だろうと思う。
まぁでももちろん、沸かしたお湯を飲むのが確実である。

一方、売られている水に炭酸水が多いのは何か理由があるのだろうか。
ガス入りは飲みにくいので、私たちはノンガス水を購入している。


ビシュケクの市内を歩いていると
日本も水資源の豊かな国だが、キルギスもそうなんだろうなと肌で感じる。

町には街路樹が生い茂り、その足元には水路が設けられている。
まるで小川のようにさらさらと音を立てて流れる水が、木々を潤しているのだ。
たまにそれらは、氾濫しているのだけれど。

中心部にはやたらと巨大な噴水が備えられており、涼やかな気分にさせてくれる。


さて、今日は一緒の宿にいた調理師のNさんが長期滞在のため
借りたアパートを見学させてもらってきた。

ソビエト時代に建てられたのであろう、古い団地の一室で、
家具などは備え付けであった。

自然と、かつてここに住んでた家族のことを妄想したりしつつ、
外国でひとり暮らしできるNさんがやはりちょっと羨ましかった。

私たちもどこか気に入った町があったら
1ヶ月ぐらい暮らせたらいいだろうな、と思う。

でもよく考えたら、旅の残り時間はあと9ヶ月である。
単純に、インドネパールで1ヶ月、ヨーロッパ3ヶ月、中東2ヶ月、南米1ヶ月、中米1ヶ月、北米1ヶ月
行きたいところが山ほどあるのだから、そんなにのんびりできないだろうな。

キルギスに3週間というのは誤算であった。



ランキング参加中です♪応援よろしくお願いします☆
 
【2008/07/24 18:16】 | 11か国目★キルギス(08.7/4〜7/26) | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<カザフビザ取得につきラスト1DAY | ホーム | バザールと日本センター>>
コメント
ほんとアジアの人たちを上から見下してるな。
【2008/07/25 20:50】 URL | #-[ 編集] | page top↑
このコメントは管理者の承認待ちです
【2008/07/29 23:10】 | #[ 編集] | page top↑
このコメントは管理者の承認待ちです
【2008/07/30 19:02】 | #[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sekairyokou.blog112.fc2.com/tb.php/296-5851b45b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。