はじめに
20代にできなかった世界旅行を、30歳で彼氏と一緒に!と
2008年2月29日に出発した世界一周旅行。
旅行日数のべ425日、2009年4月29日に帰国いたしました!
最終地のハワイで彼氏は旦那となり…
準備期間から旅行中のあれこれ、事後報告など右のカテゴリ別にご覧ください☆
 
>>メインサイト 
>>彼氏のブログ
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
日本センターと日本人シェアめし
正直、カザフビザが発行されるまで、
ここビシュケクでするべきことはなにもない。

ひととおり町歩きもしたし、郊外にも遊びに行った。
できることなら、早く出発したぐらいなのである。

そんな暇なビザ待ち日本人旅行者御用達のスポットがある。
日本センターである。

ここはジャイカが運営している施設で、
日本語の本のライブラリーや、DVDの鑑賞室、インターネットルームなどがある。
本来は日本語などを勉強する現地人のための施設なのだが、
旅行者でもライブラリーが閲覧でき、
150ソム(400円)の入会費を払って半年間有効の会員になれば
無料でのDVD鑑賞や、インターネットが1時間10ソムという激安料金で利用できるのだ。

私たちは最悪、金曜までビシュケクにいるかもしれないので
会員になってみても悪くない。
土日だって、ここで本を借りれば宿で読めるし。
2008071801.jpg
で、会員になった。これ会員書。


日本センターの扉の前には、
「7月21日は日本の祝日のため休業」と書いてあった。
えっと、この日は確か海の日か。

「夏休み」という響きが、なぜか心に染みる。
東京の猛暑、麦茶とスイカ、クーラーの心地よさや
家族ずれで賑わう日本の海水浴場、セミの声といった
盛りだくさんなイメージが頭の中をかけめぐる。

2月末からずっと真夏の世界ばかりを旅行している私たちだけど
「夏休み」という言葉には、どこか魅力的な力がある。


日本センターにいたのは、宿や各国の大使館でみかけた
バックパッカーばかりだった。みんな暇なんだな。

ネットをやって、本を借りて宿に戻る。
ここのところ、宿に帰るとおいしい夕ご飯が待っているのだ。

同じ宿に泊まっている日本人の中で、
調理師免許をもったNさんが、ご飯を作ってくれるからだ。
それを数人の日本人と一緒に食べている。
こういうのをいわゆる、シェアめしというらしい。

キルギスにきたばかりのころは、現地のいろいろなものを食べたかったので
この日本人の輪には参加していなかったのだけど、
結局キルギスでは、毎日の食事にあまり楽しみを見出せなかった。

だから一度、Nさんが作ってくれたチゲ鍋&ごはんの夕食に参加してみたら
めちゃめちゃおいしくて感動してしまった。
中国を出てまだ1週間ぐらいだったけれど、白米ごはんがとても懐かしく感じた。

そして最近はもっぱらみんなと一緒に夕飯を食べている。
2008071802.jpg
今日は豚汁とごはん。

泊まっている日本人は、20代後半以上の長期旅行者が多いけれども
そんな中、いろいろ事情があって1ヶ月もこの宿で寝泊りしていた
19歳の男の子が印象的だった。
ビシュケクからリトアニアに飛ぶと行っていたけれど元気で旅しているかなぁ。


ランキング参加中です♪応援よろしくお願いします☆
 
【2008/07/18 18:45】 | 11か国目★キルギス(08.7/4〜7/26) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<バザールでお買い物&自炊 | ホーム | ビザとりレース~カザフスタン編~>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sekairyokou.blog112.fc2.com/tb.php/290-2f27422c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。