はじめに
20代にできなかった世界旅行を、30歳で彼氏と一緒に!と
2008年2月29日に出発した世界一周旅行。
旅行日数のべ425日、2009年4月29日に帰国いたしました!
最終地のハワイで彼氏は旦那となり…
準備期間から旅行中のあれこれ、事後報告など右のカテゴリ別にご覧ください☆
 
>>メインサイト 
>>彼氏のブログ
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ビザとりレース~ウズベク編~

ビシュケクでは天気が良ければ様々な場所から山並みが見える。

私たちは先週の火曜日に2回にわたりウズベキスタン大使館に出向いており、
ウズベキスタンのビザを申請している。
そして今週の火曜に受け取る予定になっていた。
つまり、昨日である。

そもそも、ウズベキスタンのビザを申請するには
事前に大使館へロシア語での英語予約が必要で、
申請書の記入にもいくつか注意を必要とする面倒くさいものである。

注意というのは、処理するおばさんが英語が話せないので
ロシア語でいろいろ聞いてくる場合があり(特に職業欄)
本来は通訳を同伴するのが好ましいぐらいなのだ。

私たちは、現地の人の助けをもらうことができたので
職業欄をロシア語で
「今は一時的に休業中だが、以前は日本の東京の●●という会社に勤めていて、
どういう仕事をしていて…」といったことを書いて提出することができた。

そのときのおばさんの、満足そうな顔は忘れることができない。

まぁともかく、すでに無事申請を済ませているのだが、
それで安心することはできない。
悪名高いウズベキスタン大使館にはいろいろと嫌な噂があるのだ。

そして今日、私たちは同じ宿に泊まっている日本人のT君と一緒に
10時前には大使館に並び、一番乗りで順番を待った。

実は、受け取りの際にも電話予約をしないと警備員に追い返される
という話も聞いていてドキドキしていたのだけれど、
幸いなことにT君の友達の日本人が予約電話をしていたので
それに便乗すれば問題はなかった。

実際、警備員に問われて電話予約をしていないと言ってしまった西洋人がいて、
その人は警備員に首を振りながら手を払われてしまっていた。
くいさがっていたけれども。

そんなこんなで、このときは無事建物中に入り、
パスポートを提出。15時に引き取りにきてねと言われて終わった。

ランチを食べ、ブラブラしてから15時前に再度大使館へ。
T君とその友達とも合流し、無事取れるといいねーと話ながら順番を待った。

まず、彼らが建物内に入り、私たちは次に入るのを待っていたのだが、
出てきたふたりの表情がなんかおかしい。

「拒否られた人がいましたよ!」とT君友人が幾分高揚した顔で言い、
何のことだか分からずにいると、
どうやらT君がビザ発行を断られたらしい。
これは笑えない。

私たちはドキドキしながら中に入ったけれど
無事15ドルずつ出してビザを発行してくれた。よかった。

T君は、とりあえず日本大使館に行くといっていた。
結果から言うと、申請書の内容のどこが悪かったのか分からないけれども
どうやらビジネスビザ扱いになってしまい、
70ドル払って旅行会社のパーミッションを持ってこないとビザを発給してもらえないことになったらしい。
しかも、パーミッションの発給に2週間かかるんだって!

かわいそうに、私たちより前にビシュケク入りしていたのに…。
彼はスタート地点に戻ってしまった。


ランキング参加中です♪応援よろしくお願いします☆
 

【2008/07/16 15:51】 | 11か国目★キルギス(08.7/4〜7/26) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ビザとりレース~カザフスタン編~ | ホーム | イシククル湖ふたたび>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sekairyokou.blog112.fc2.com/tb.php/288-a80ed462
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。