はじめに
20代にできなかった世界旅行を、30歳で彼氏と一緒に!と
2008年2月29日に出発した世界一周旅行。
旅行日数のべ425日、2009年4月29日に帰国いたしました!
最終地のハワイで彼氏は旦那となり…
準備期間から旅行中のあれこれ、事後報告など右のカテゴリ別にご覧ください☆
 
>>メインサイト 
>>彼氏のブログ
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
イシククル湖ふたたび
午前中、水着を着てイシククル湖へと向かう。

水の冷たさは前回経験しているので
日が高くなるまで湖に入るのはあきらめているのだけれど、、
冷たい冷たいと騒いでいる人たちを見ているのもまたおもしろい。

それにしても、どうしてロシア系の中年女性はみな太っているのだろうか。
彼女らが水着を着ていると、タルタルしたお肉たちがどうしても視界に入ってくる。

湖畔には、干し魚の売り子がいる。
中には小学生ぐらいの子供が売り歩いている姿も。

魚が捕れるのであれば、魚料理を出す店があるかと思いきや
そんな料理には出会えなかった。
燻製の魚じゃなくて、ふわふわしたギンダラとかたべたいなぁ。
と、日本の魚料理を妄想する。

11時をすぎてだいぶ暑くなってきたので、
一瞬だけ湖に入り、退散。

この湖の名であるイシククルとは、
「熱い水」という意味なのだそうだけど、
標高が高く、周りの山々の雪解け水が流れ込んでくるため
夏でも水が冷たいのを自分の体で体感した。

ではなんでそんな名前なのかというと、
冬でも凍結しないからなんだそうだ。

チョルポンアタのバスターミナルから、
ビシュケク行きのバスを1時間半ほど待ち、乗り込んだ。

行きはマルシェルートカで来たのだけれど
バスの方が時間はかかるが値段が安いし座り心地がよかった。

バスが途中で立ち寄った休憩所で、白くて丸い塊が売られていたので買ってみる。

どうやら乾燥チーズのようで、思いのほかすっぱく口の奥から唾液が出る。

街中の路上では酸っぱいヨーグルトドリンクが売られているし、
キルギス人は酸っぱい味が好きなのだろうか。

5時間ほどでビシュケクの西ターミナルに到着し、
5日間留守にした宿に戻る。

念のため、出発前に5日後に戻ってくることを告げ予約しておいたのだけど
宿泊客の把握ができておらず、オーバーブッキングしたらしい。

どうするのかなぁと思ったら、
ごめんね、1日だけ私の部屋を使ってと、
10分ぐらいで荷物を整理し、二段ベッドのある個室を空けてくれた。
相変わらずゆるい感じだなぁ。

ランキング参加中です♪応援よろしくお願いします☆
 
【2008/07/15 15:46】 | 11か国目★キルギス(08.7/4〜7/26) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ビザとりレース~ウズベク編~ | ホーム | 山奥から湖畔リゾートへ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sekairyokou.blog112.fc2.com/tb.php/287-28f9b288
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。