はじめに
20代にできなかった世界旅行を、30歳で彼氏と一緒に!と
2008年2月29日に出発した世界一周旅行。
旅行日数のべ425日、2009年4月29日に帰国いたしました!
最終地のハワイで彼氏は旦那となり…
準備期間から旅行中のあれこれ、事後報告など右のカテゴリ別にご覧ください☆
 
>>メインサイト 
>>彼氏のブログ
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ビシュケクまで乗り合いタクシーで10時間

朝の7時に宿をチェックアウトし
乗合いタクシーがたむろしている場所へと向かう。

客引きがいっぱいいるので、ビシュケク行きの運転手を探していると
何人かが声を掛けてきて料金交渉をしてきた。

わたしたちはひとり800ソムで承諾し、
ニッサンのワゴン車に乗り込んだ。

車の助手席にはすでに女性が乗っていて
後部座席には6人分の座席が空いている。
私たちを除くとあと4人乗り込まないと出発しないようだ。

1時間ちょい待って、ようやく車が満杯に。、
水野忠雄をかなりヤクザな感じにしたような運転手率いる
キツキツのワゴン車は激しく出発したのだった。

うねうねと曲がりくねる峠を越えたり、
ひまわり畑の黄色い絨毯が広がる平地を走り抜けたり、
青い水を抱いたダムを視界にとらえたり、
遊牧民の暮すユルタの点在する草原を走ったりと
映画のシーンのように変化する美しい風景を見ながら
ヤクザ風水野忠雄はビュンビュンと前の車を抜かしつつ爆走する。

途中で馬乳酒の看板をかかげた遊牧民の簡易住宅ユルタがあり、
またしても同乗の現地人たちがワッセワッセと元気になりだした。
彼らは本当にこのお酒が好きなんだな。

ビシュケクに着いたのは10時間後の午後7時ごろ。

日本人経営のゲストハウスに行くと、
ちょうど2人分のベッドが空いていたようでドミトリーにチェックイン。

あっという間の10時間、とは言えないけれども
とにかく景色が素晴らしく、
終わってみればそれなりにスムーズな移動だったような気もする。
いや、でも疲れたな、やっぱり。



ランキング参加中です♪応援よろしくお願いします☆
 
【2008/07/06 19:44】 | 11か国目★キルギス(08.7/4〜7/26) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<相方と喧嘩した | ホーム | オシュもう1日>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sekairyokou.blog112.fc2.com/tb.php/277-d7f0238a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。