はじめに
20代にできなかった世界旅行を、30歳で彼氏と一緒に!と
2008年2月29日に出発した世界一周旅行。
旅行日数のべ425日、2009年4月29日に帰国いたしました!
最終地のハワイで彼氏は旦那となり…
準備期間から旅行中のあれこれ、事後報告など右のカテゴリ別にご覧ください☆
 
>>メインサイト 
>>彼氏のブログ
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
オシュもう1日
中央アジアはウズベキスタンへぜひ行って見たいと思っていたものの、
キルギスはちょっと抜けるだけ、という気持ちでいた。

ここオシュは、キルギスの第二の都市で
ウズベキスタンとの国境にも近い。

そのためキルギス人とウズベク人が同じような比率で暮らしているらしい。

だから、このままオシュからウズベクへ行けるといいのだけど
残念なことに、私たちはウズベクのビザを持っていない。

ビザを取るには首都のビシュケクへ行かなくてはならないのだ。

それなのに、オシュとビシュケクをダイレクトに結ぶ
公共交通機関がない、というのはどういうことでしょうか。

飛行機も国内線だったら安いかなと探してみたのだけど、
所要1時間で2500ソム(約7500円)ぐらいする。
乗り合いタクシーだと11時間かかるが、1000ソム(約3000円)かからないようなので
ビシュケクまでそれで行くことにした。

といっても私たちは昨日カシュガルから到着したばかり。
連続で長距離移動はつらいため
今日はオシュでゆっくりすることにした。

朝起きて、トイレで用を足していたら、
怖い顔をした宿のおばちゃんがバタンとドアを開けて入ってきて、
「トデイ、オシュ、トデイ、オシュ」と私に向かって何か言っている。

ここのトイレはバスルームとつながっているため鍵がかけられず、
誰かが便器に座っている時にドアを開けると
用を足している人の顔だけが見えるような仕切りが付けられている。

それでも、用を足している時に
顔を見られながら話をすることに慣れていない私はすっかり動転してしまい、
心の中で「おばちゃん、はよ出て行って!」と叫びながら
「ノー!ノー!」ととっさに口をついてきたのだった。

しばらくして、あれは今日も泊まるのか?と聞いていたのだなと思いつき
スッキリした後に、もう1泊よろしくどうぞ、と言いに行ったのだった。

今日はこれといって特にすることがないのでバザールや街をウロウロする。
バザールで買った歯磨き粉はパキスタン製だった。
トイレットペーパーはロシアかな?

もくもくと煙を出して焼かれているシャシリクという串焼きがおいしい。
羊肉のレバーも意外といけた。

街中にはジュースの販売機があり、それを注いでくれる人がいるのがおもしろい。
味はちょっと微妙なんだけれども。

暇なので宿で洗濯して部屋で干していたら
宿のおばちゃんが「外に干すところあるよ」と手振りで教えてくれた。
もしかしたらいい人なかのかもと思った瞬間。

中央アジアは涼しいのかと勝手に思っていたけれど、
いまオシュはとても暑く、
ファンのない部屋でうだるような熱帯夜を過ごした。


ランキング参加中です♪応援よろしくお願いします☆
 
【2008/07/05 19:40】 | 11か国目★キルギス(08.7/4〜7/26) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ビシュケクまで乗り合いタクシーで10時間 | ホーム | ここがキルギスかぁ。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sekairyokou.blog112.fc2.com/tb.php/276-1292ede4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。