はじめに
20代にできなかった世界旅行を、30歳で彼氏と一緒に!と
2008年2月29日に出発した世界一周旅行。
旅行日数のべ425日、2009年4月29日に帰国いたしました!
最終地のハワイで彼氏は旦那となり…
準備期間から旅行中のあれこれ、事後報告など右のカテゴリ別にご覧ください☆
 
>>メインサイト 
>>彼氏のブログ
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
中国の中の異国トルファン
昨日、敦煌から柳園まで2時間ほどバスに揺られ、
柳園駅から21時ごろ発のトルファン行き列車に乗り込んだ。

朝の6時すぎ、トルファンに到着。

早朝の空気が思いのほか気持ちいい。

ここのところ、ずっと暑かったので
こんな過ごしやすい気候は久しぶりだ。

まぁ朝だけのことなんだろうけど…。

すぐにチケット売り場で明日発のカシュガル行きのチケットを購入する。

トルファンも駅から市内まで離れているのでまずは移動だ。

市内までのバスがありそうなのだが、よく分からない。
ミニバスのおじさんが、ひとり10元と声を掛けてきた。
乗り合いタクシーはひとり80とか60とか40とか
いろいろ吹っかけてきて面倒くさい。
そのミニバスで行くことにした。

しかし、車に乗り込んで1時間経っても、
私たち以外の客が乗る様子もなければ
バスが発車する気配もない。

いつ発車するか聞いてみると、あと1時間後と言う。

私たちはトルファンで1泊しかしないので、
今日中に観光に行きたいのだ。早く市内に着きたいのだ。

さわやかだった朝の空気も、けだるい昼間の空気へと変わりはじめている。

しびれをきらして、ミニバスを降り再びバス亭を探すことに。
おじさんたちの呼び止めを背後に聞きながら駅を離れると
トルファンまで10元というタクシーの運転手に声を掛けられた。

よく見ると、すでに二人車に乗っているので
私たちが乗れば4人。すぐに出発だろう。

合意して車に乗り込むと、なぜかタクシーは駅に戻り
そこで二人を降ろした。
運転手は英語ができるようで、
あと二人見つけたら出発するからね、
とにこやかに言う。

なにー!と思い、じゃぁやめるよといって
車を降りるが、しつこく呼び止める。

もう待つのは嫌なんじゃ、
だったら40元で貸切にするよ、
30元ならいいよ
わかったOK

てな具合に素早く相方と彼の間で交渉がなされ
タクシー1台30元で即出発した。

英語でコミュニケーションができて
商売上手で良い人そうだったんだけど、
1日ツアーに行かないかと言われ、私はちょっと迷っていた。

最終的には断ったんだけど、それなのに運転手はしつこい。
彼がつれてきてくれたトルファンホテルのフロント前で
相方と運転手が言い合いするはめになってしまった。

フロントのお姉さんは、運転手と知り合いらしくて見ないふり。
たんたんと私を相手にチェックイン作業を行っていたのがおもしろかった。

相方は到着そうそう消耗しきってしまったけれど、
「そういえば前にトルコで言い合いしたときと感じが似てる」と言っていた。
ウイグル族はトルコ系なので近いものがあるのかも。

トルファンに来て、ガラリと国が変わってしまったように感じる。
街を歩いている男性はイスラム帽をちょこんと頭に乗せて、
女性はスカーフを巻き、耳には大振りなピアス。
派手な柄のワンピースをおしゃれに着こなしている。

顔立ちも彫が深く、瞳の色が薄い人も多い。
若い女性はエキゾチックな顔立ちで美しい。
中年女性は体格が少しふっくらしているようだ。
子供は肌と髪の色が薄く、どこかとどこかのハーフというような顔をしている。

街中にはアラビア文字のような文字が中国語と併記されており、
しゃべっている言葉も西側のイントネーションを感じる。
中国語のひとつの方言なのか、それともまったく別の言葉なのか、それすら分からない。

街に流れている音楽も、人が鼻歌を歌うメロディも
中国のものとはちょっと違う!

市場にいってみた。市場というよりバザールだ。

おいしそうなものがいっぱい売っていて
歩くだけでも楽しい!

ナンもいいにおいー。
そして羊のにおいもするー。

もう、ここから中央アジアが始まってしまったように感じる。

スイカとハミ瓜がゴロゴロ売られていた。

ハミ瓜は特産らしいのでひとつ買ってみたけど、
1個1元と激安だった。
味は、夕張メロンみたいな感じ。
二人で半分づつ食べて超満足した!


長いので観光したことは別に書くことにする。


ランキング参加中です♪応援よろしくお願いします☆
 
【2008/06/27 23:24】 | 中国再再再訪(08.6/20〜7/3) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<トルファン観光 | ホーム | 敦煌、石窟再び>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sekairyokou.blog112.fc2.com/tb.php/267-bdf1e0d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。