はじめに
20代にできなかった世界旅行を、30歳で彼氏と一緒に!と
2008年2月29日に出発した世界一周旅行。
旅行日数のべ425日、2009年4月29日に帰国いたしました!
最終地のハワイで彼氏は旦那となり…
準備期間から旅行中のあれこれ、事後報告など右のカテゴリ別にご覧ください☆
 
>>メインサイト 
>>彼氏のブログ
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
外蒙古から内蒙古へ
昨日の夜8時ごろにウランバートルを出発した列車は、
朝の7時すぎに中国との国境エレンホトに到着。

中国側から来たときは、3時間も待ち時間があったけれど
今日は1時間半ぐらいで列車が出発。
パスポートチェックもスムーズだった。

しばらく走って、今度は中国側の国境に到着。
私たちはここ、二連で降りるのだけど
列車内でのパスポートチェックtが終わらないと降りられない。

荷物チェックを、行きの出国時よりもしっかりじっくり行っていたようで、
あちらこちらから、パソコンの起動音と電源を切る音が聞こえる。
そんなところまでチェックしているのだろうか?

でも私たちの時には、バックパックに鍵をしていたのを見ると
面倒くさいと思ったのか、あけなくてもOKと言われた。

二連の駅1時間半ほど停車。
やっぱりこの国際列車は、国境で都合3時間は待たされることになっているようだ。

思えば、今回これで3回目の中国入国となる。

1回目は香港から広州に入り、ベトナムのハノイまで抜けた。
2回目は、香港から新センに入り、シャーメン、上海、北京と北上しモンゴルへ抜けた。
3回目の今回は、二連から西安へ向かい、シルクロードを西へ移動しキルギスへ抜ける予定だ。

こんなに細切れになってしまったのはビザの問題が大きい。
今回も、15日間でキルギスへ抜けなくてはならない。
順調にいくといいけれど。

さて、無事開放され二連の街へ。
少し小雨が降る中、駅前には北京行きのミニバスの客引きがワサワサしている。

我々の目的地は、西安なので国内線の切符売り場へと向かう。

初めて体験する、ほかに客のいない切符売り場。
カウンターのお姉さんも面倒くさがらずに筆談でいろいろ教えてくれた。

それによると、西安までは明日の集寧南発しかないとのこと。
集寧南までは、明日の朝発の列車もあるけど、接続時間が20分しかないので
バスで行ったらいいんじゃない、ということだった。

これまで中国の列車はほぼ時間通りに発着していたので
20分の接続時間で十分だと思ったけど、こっちの人がそういうんだからと、
明日の集寧南~西安のチケットだけ購入し、
長距離バスターミナルを探すことにした。

駅からは結構遠かったけど、なんとか発見。

このバスターミナルから、北京まで180元だった。安いな。
詳しくは見ていないけれど、モンゴル内にも行けそうだ。

発車時間まで間があるので、食事をすることに。
モンゴルの最後の方は、中華料理が恋しくなっていたので食事が楽しみだ。
だけど、ここも内モンゴル。モンゴル料理屋が多い。

モンゴル料理屋で、羊肉には目もくれず、野菜炒めなどとごはんでランチにした。
やっぱり白米とおかずスタイルが好きなのだな、私たちはと実感する。

時間が来たのでバスに乗り込む。
バスが走り出し、草原へと入ったころで所々
妙なオブジェがところどころにあるのに気が付いた。

モンゴルに続いて、またもや恐竜である。

もしかしたら、ゴビ砂漠では恐竜の化石が多く見られるようなので
それにあやかっているのだろうか。

列車だと横に着いている窓からしか眺めが見れないけど
バスだと正面の景色が見れるので好きである。

あいにく雨だったけど…
4時間半のドライブで、集寧に到着した。

ランキング参加中です♪応援よろしくお願いします☆
 
【2008/06/20 00:46】 | 中国再再再訪(08.6/20〜7/3) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<集寧から西安へ | ホーム | さらば、ウランバートル>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sekairyokou.blog112.fc2.com/tb.php/260-5efb0b6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。