はじめに
20代にできなかった世界旅行を、30歳で彼氏と一緒に!と
2008年2月29日に出発した世界一周旅行。
旅行日数のべ425日、2009年4月29日に帰国いたしました!
最終地のハワイで彼氏は旦那となり…
準備期間から旅行中のあれこれ、事後報告など右のカテゴリ別にご覧ください☆
 
>>メインサイト 
>>彼氏のブログ
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ウランバートルで休憩3日目・ニュートウキョウ
ゲストハウスでは朝ごはんが付いているので、
起きたらそのパンを食べ、また寝て、
昼は買っておいたフルーツとかパンとかを食べ、
午後はちょっと散策しつつ夕飯を食べて帰って寝る
という1日が続いている。

元気があれば、ネットカフェにも行く。
2時間やっても1ドル程度と安く、スピードが非常に速い。

ウランバートルの町を歩いていると、
統一前の東ドイツのようだなーっと、
その当時の東ドイツに行ったこともないのに
映画かなんかを見たイメージからそう思った。

相方は、これもまた行ったことないのにロシアのようだよ、と言う。

多分ふたりの頭の中で共通しているのは、
ちっともアジアな雰囲気を感じていないということと、
社会主義国家のようななんとなく閉鎖的なイメージがするということ。

もちろん、現在モンゴルは民主主義国である。

モンゴル語のロシア語チックな響きや
年間の平均気温がマイナス2度という寒い土地柄
家や店は2重ドアで、町並みには余計なものが出ておらず
非常にさっぱりすっきりとしているのがそう思わせているではないか。

そう、ウランバートルの店は、どこも最初は入りづらい。
2重ドアのせいもあるけれど、
どんな店なのか外からよくわからない。

そんななか、ドラえもんのイラストと共に「NewTokyo」と書かれた
看板の店を覗いてみた。外から伺った感じでは、文房具屋っぽい。

すると、カウンターの向こうには、浴衣を着たモンゴル女子が!

どうやらここは、2500トゥグルク均一店の様子。

品物は、見る感じ日本の100円均一の商品だ。
今日、1ドル1157トゥグルクだったから、
100円で買った商品を2ドルちょいで売っているのだった。



FC2ランキング・バックパッカー部門で現在なんと1位♪応援ありがとうございます☆
 
【2008/06/14 17:57】 | 10か国目★モンゴル(08.6/11〜6/19) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ウランバートルで休憩4日目・早く風邪治らないかな | ホーム | ウランバートルで休憩2日目・相撲を見る>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sekairyokou.blog112.fc2.com/tb.php/254-95962b34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。