はじめに
20代にできなかった世界旅行を、30歳で彼氏と一緒に!と
2008年2月29日に出発した世界一周旅行。
旅行日数のべ425日、2009年4月29日に帰国いたしました!
最終地のハワイで彼氏は旦那となり…
準備期間から旅行中のあれこれ、事後報告など右のカテゴリ別にご覧ください☆
 
>>メインサイト 
>>彼氏のブログ
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ウランバートルへの国際列車その2
目覚めると、列車はやっぱり砂漠の中を走っていた。
昨日の夜中に入国をしたのだから、いまはモンゴルを走っているんだ。

ところどころ草原のようでもあり、
でも大部分は茶色い砂地のように見える。

近年、モンゴルの砂漠化が広がっているって言うけどこれがそうかな。

停車する駅も、中国のときとは外見が違う。


朝も昼も、やっぱり弁当の売り子はこなかった。
列車の中を歩いてみたけど、食べ物を売っている売店もない。

持参していたカップラーメンを食べようと、お湯を入れにいったら
制服を着た列車のスタッフがひとつのコンパートメントに集まっていたのが見えた。

それだけじゃない。彼らが座っているテーブルの前には、
ギッシリとおかずの乗った皿があり、楽しそうに歓談しながら食事している。

うらやましくもあり、なんとなく腑に落ちない気分で相方に報告したら、
カメラを持って見に行った。
写真撮ろうとしたら、いっせいに手を挙げて断られたらしい。
見ちゃいけない秘密の食事だったのだろうか…。

それにしても、国際列車なのに、食べ物はわびしいし、
ベッドのシーツとかも自分でセットしないといけない。
よかったことといえば、トイレが洋式だったことぐらいかな。
まぁでも、ベッドが3段ではなく2段だったので、上の階が広くてよかった。

13時すぎ、ウランバートルに到着。
空気がカラッとしていて、爽やかだ。
太陽は意外なほど、真夏の光線を放っている。
少し寒いかと思っていたけれど、みんな半そでだし
タンクトップやキャミソールに短パンをはいた女の子もいる。
みんな、肌の色がとても白い。

バックパックを背負って歩き出すと、すぐに汗をかいた。
でも、日陰で休憩すると、サーっと汗が引いてゆく。
街中は、そこはかとなく、羊肉の匂いがする気がする。

中心地がどこだかわからず、お金もおろせず、ウロウロする。
ホテルではドルを両替できそうなことがなんとなくわかったので
とりあえず近場のホテルに泊まることにした。1泊13ドルほど。

チェックインするときも、英語は通じなかったけど
カウンターのお姉さんは日本語勉強中なのか、私たちが日本人とわかると
「ポケット日本語会話」という小冊子を貸してくれた。

部屋に入るやいなや、私はベッドに吸い込まれた。
中心地までの探検と両替は相方にまかせて、ホテルで寝ることに。

中国は非常に空気が悪かったし、
特に北京ではみんな道路でタンはいてたぐらいだから何かが喉によくないことは確かだ。
15日というビザの縛りがあったためゆっくり休めなかったということもあり
長引くこの風邪をウランバートルでなんとか完治させたい。

「ポケット日本語会話」を手に出て行った相方は、
モンゴル語オンリーの洗礼を受け、
「もう泣きそう」といいながらも、夕方、餃子とパンをおみやげに帰ってきてくれた。
餃子の中身は、もちろん羊肉だった。


FC2ランキング・バックパッカー部門で現在なんと1位♪応援ありがとうございます☆
 
【2008/06/11 17:43】 | 中国再再訪(08.5/27〜6/11) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ウランバートルで休憩1日目・気候の差が激しすぎる | ホーム | ウランバートルへの国際列車その1>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sekairyokou.blog112.fc2.com/tb.php/251-44596d2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。