はじめに
20代にできなかった世界旅行を、30歳で彼氏と一緒に!と
2008年2月29日に出発した世界一周旅行。
旅行日数のべ425日、2009年4月29日に帰国いたしました!
最終地のハワイで彼氏は旦那となり…
準備期間から旅行中のあれこれ、事後報告など右のカテゴリ別にご覧ください☆
 
>>メインサイト 
>>彼氏のブログ
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
モンゴル大使館、スタバ、相方髪を切る。
今朝は、おそらく私にうつされた風邪のせいで
相方がつらそうだったので、部屋に彼を残して
ひとりでモンゴル大使館へビザの引き取りに行った。

問題なくモンゴルビザ無事ゲット☆
明日の国際列車でモンゴルへと向かいます。

大使館のある建門駅から北京駅まで歩いていると、
建門駅の近くに不思議なオブジェのある建物があったので
気になって寄ってみる。
2008060901.jpg

北京古観象台という施設らしい。入場料10元払って中に入ってみた。
2008060902.jpg

どうやら古くからある天体観測所で、
中国の天体観測の歴史などが展示されていた。
2008060903.jpg

日本人は月にうさぎのシルエットを見ていたけど、
中国の人は、カエルと鹿に見えていたらしい。
展示はそれなりにおもしろかった。

北京駅そばで昼食を食べて、スタバへ移動。
ここで午後に相方と落ち合う約束なのだ。

中国、少なくとも北京のスタバはWIFIがフリーなので
持ってきたPCを開いてインターネットをやる。

溜まっていたブログを更新したり、モンゴルの情報を調べたりしていると
相方が現れた。なんだなんだ、髪が短くなっている!

どうやら一眠りしたら気分がよくなったらしく、
念願の散髪をやってきたらしい。

一昔前のアイドルみたいな髪型で本人は気に入ってないようだけど
すっきりしてよかったと思う。
どうやら苦労してたどり着いたらしいこの髪方については
いずれ彼のブログに書くことでしょう。

最近さぼり気味だけど。


そうそう、北京ではどうやら今日から地下鉄の自動改札および
自動券売機、およびカード式チケットがスタートしたらしい。

地下鉄に乗ろうとしたら、係員が自動販売機にべったりついていて
買い方や乗り方などを教えていた。
北京っ子はみんな初めてだしわからないから、改札前は変に混雑していて
北京駅では入場制限をしていたみたいだ。

地下鉄にのって、カルフールに行く。
明日のウランバートルまでの列車の旅に備えて
物資を買い込むためだ。

中国のカルフールもでっかい。
でもレジのやり方に問題があり、非常に混雑していていた。

宿近くの大棚欄で夕飯を食べる。
門前駅前は、大規模な再開発中みたいで
街全体が囲われて工事されている。
2008060806.jpg

完成すると明時代の雰囲気に統一された町並みになるらしく、
すでにきれいになっている所なんかを見ると不自然に新しく、
ナンジャタウンみたいな作り物的な空気を感じてしまう。

大棚欄もいたるところで工事をしていて、道を通るたびに
私の頭の中では「戦後復興」という言葉がちらついていた。
2008060807.jpg

街をあげての整備大作戦。オリンピックまでに終わるといいね。

そんな大柵欄で夕飯を食べるべく、ふらりと入った食堂は
湘南料理屋だった。
どの料理も非常に辛かったのだけれども、
辛いものを食べたら、なんだか元気になった気がした。


ランキング参加中です♪応援よろしくお願いします☆
 
【2008/06/09 20:21】 | 中国再再訪(08.5/27〜6/11) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ウランバートルへの国際列車その1 | ホーム | 北京で定番観光&おもいっきりダック>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sekairyokou.blog112.fc2.com/tb.php/249-84f717cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。