はじめに
20代にできなかった世界旅行を、30歳で彼氏と一緒に!と
2008年2月29日に出発した世界一周旅行。
旅行日数のべ425日、2009年4月29日に帰国いたしました!
最終地のハワイで彼氏は旦那となり…
準備期間から旅行中のあれこれ、事後報告など右のカテゴリ別にご覧ください☆
 
>>メインサイト 
>>彼氏のブログ
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
北京で静養する私、奔走する相方
今日は金曜日。

午前中に昨日のモンゴル大使館でビザを申請すれば、
通常は5営業日後だから木曜引き取りになるのだけど
2倍の料金を出してエクスプレス便にすれば(通常270元→エクスプレス495元)
1営業日、つまり、月曜に引き取りできるのだ。

1日でできるなら全部そうしてくれ~と言いたいところではあるが。

そして、その足で北京駅に行き、
火曜出発のウランバートルまでの国際列車のチケットを購入する。

そうすれば、中国ビザ切れ前に問題なくモンゴルへ行けるのだ!


相方が、体調不良の私に気遣って、今日はこれらをひとりでやってくるよと言ってくれた。
ついでにオリンピック会場の亜運村を見に行って、
北京版秋葉原と言われる中関村にも寄って、
それからどこかで散髪して帰ってくるよ、
と充実のスケジューリングで宿を出ていったのが朝8時すぎのことでありました。


私は相方を見送ってから、ずっと部屋で眠って過ごしたのだった。

昼には列車用に買っておいたけど食べなかった缶詰のお粥を食べ
だいぶ気分がよくなったので少しだけ洗濯してまた寝て、
夜になっても彼は帰ってこなかったので、
近所の刀削面屋で麺を食べて部屋で待っていると21時ごろようやくご帰宅。

どうやら、かなり大変だったようだ。

まずビザは、待ち時間があったもののすんなりいけて、
ビザ代は銀行で振込みをするように言われたので
エクスプレス×二人分で990元(16000円ほど)をその足で振り込んできたらしい。

次に北京駅に行ったら、国際列車の売り場が分からず
切符売り場で聞くと外国人窓口に行けといわれたらしい。

で、外国人窓口にいったら、ここにも中国人がいっぱい並んでいて
仕方ないから列に並んだけど、いざ自分の番になったら
ダメダメ言われて受け付けてくれなかったらしい。
それでも粘って、じゃぁどこに行ったらいいのか筆談したりすると
国際飯店に行けといわれたらしい。
駅内でいろいろな人に聞いたけれども拉致があかず、
仕方なく彼らが指差す方に歩くと駅の外に出てきたという。

で、駅の外にいた航空券販売のおじさんに聞くと
駅の向かいの国際飯店に行けといわれて

その高級そうなホテルに入っていくと、2階に旅行会社があり
国際列車はそこで扱っているとのこと。

でも昼休み中だったので、1時間ほど待ったあげく
提示された価格はウランバートルまで片道ふたりで1500元(24000円)ほど。
えらい高いなと思ったけれど、ほかを探す元気もなく購入したらしい。
ちなみに手数料50元×2で100元が入っているそう。

彼はとりあえず一仕事終えたので、オリンピック村に向かったけれど
まだ直通の地下鉄は開通しておらず、
ものすごく歩いてなんとかたどり着き、鳥の巣を見学。


バスを使って中関村の電気街を冷やかし、
地下鉄駅で列車に乗ったら、なんとその列車がストップ。
しばらく待ったけど復旧されずに、乗り換えたらその列車もまたストップ。
結局1時間ほど列車に閉じ込められてしまったらしい。かわいそうに。

そんなこんなで、戻ってきた彼は散髪もできず、ヘトヘトになっていた。
今日の歩数は4万歩を越えたらしい。新記録おめでとう。

彼よりも私の方がちょっぴり中国語の単語が分かるし
ふたりで探したらもうちょっとラクだったのかなとも思うけど
1日休ませてもらったおかげで私の体はかなり元気になった。

おつかれさま。そしてありがとうね。


ランキング参加中です♪応援よろしくお願いします☆
 
【2008/06/06 14:03】 | 中国再再訪(08.5/27〜6/11) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<万里の長城でキュウリをかじる。 | ホーム | 北京に来た。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sekairyokou.blog112.fc2.com/tb.php/246-b7725af5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。