はじめに
20代にできなかった世界旅行を、30歳で彼氏と一緒に!と
2008年2月29日に出発した世界一周旅行。
旅行日数のべ425日、2009年4月29日に帰国いたしました!
最終地のハワイで彼氏は旦那となり…
準備期間から旅行中のあれこれ、事後報告など右のカテゴリ別にご覧ください☆
 
>>メインサイト 
>>彼氏のブログ
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
タイガーでマカオへ、そして大小にはまる。
14日には香港から飛行機に乗り東京へ帰らなくてはいけない。
特別に安く購入できた訳でもなかったが
シンガポールからはタイガーエアでマカオへ飛ぶこととにした。

チャンギ空港はとにかく大きいし、施設も充実しているので楽しみにしていたのだけど
タイガーが使用するのはバジェットターミナルという、
まるで仮設空港のような、非常~にシンプルなターミナルだった。

それでも、食堂やショップ、フリーインターネットなどひととおり揃っている。

タイガーの客室乗務員は、黒いコーデュロイパンツにヒョウ柄の腰巻きという
カジュアルでキュートな出で立ちだったのが印象的。

それにしても、預け荷物の料金が高すぎ。


さて、あっという間にマカオへ。
久しぶりの中国語世界にとまどう。

タイパ島にある空港から乗ったバスが
マカオ半島のフェリーターミナルに着いたので
そこから発着している大型ホテルの送迎シャトルバスに乗り込んだ。

私たちはあきらかに、送迎シャトルがあるようなホテルに泊まれる風貌じゃないけれど、とがめられることもなくバスは出発した。
これに乗れば、タダで中心部に行けるのだ。
どうやら誰が乗ってもOKらしく、観光客もたくさん利用していた。

安宿を探して彷徨い、グランドリスボアの裏手の横道にあった南天酒店に決める。
すると、部屋を案内してくれたおばちゃんに、チップを要求された。
さすがカジノの町だ~。
何もあげないで、留守の間に荷物をあさられても困るので小銭を渡しておいた。

このあたりは中華的センスの装飾が施された大きなホテルが多くて、
見ているだけでも楽しい。そして、中のカジノに入れば、もっと楽しい。

数件のカジノをハシゴしたのだけど、全体的にラスベガスよりもこぢんまりしていて、
でも妙に派手派手しくて騒々しくてなんだか面白い。
大金をかけまくるお金持ちの中国人がいっぱい。

私たちはもっぱらスロットか、大小というゲームをやっていた。
大小とは、3つのサイコロを振ってその合計が11より大きいか小さいかを掛けるもの。
これだけだったら確立は1/2だ。
だけどもちろん、数字や組み合わせなどいろいろな掛け方ができる。

ひとつのテーブルにたくさんの人が集まるので、その人たちを観察するのもまたおもしろい。

負けてしまった人は、「押」と書かれた質屋へと…。

我々の本日の負け分は、1360香港ドル(2万円弱)なり。
押の世話にならないようにしないと。


ランキング参加中です♪応援よろしくお願いします☆
 
【2008/05/12 13:51】 | 中国再訪(08.5/12〜5/15) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<マカオで世界遺産とカジノ巡り | ホーム | シンガのマニアックな観光スポット、ハウパーヴィラに行ってみた。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sekairyokou.blog112.fc2.com/tb.php/228-40f45f3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。