はじめに
20代にできなかった世界旅行を、30歳で彼氏と一緒に!と
2008年2月29日に出発した世界一周旅行。
旅行日数のべ425日、2009年4月29日に帰国いたしました!
最終地のハワイで彼氏は旦那となり…
準備期間から旅行中のあれこれ、事後報告など右のカテゴリ別にご覧ください☆
 
>>メインサイト 
>>彼氏のブログ
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ミャンマーとの国境の町メーサーイ
メーサーイはタイ北端の町で、ミャンマーとのボーダーがあります。
そういえば、中国語の記載が目に付き、
屋台でも上海小包龍とかが売っていたりして、ちょっとおもしろい。
市場に置かれているものはミャンマーからの物資が多いのか、
なんとなく中国製品の香りを感じる。なぜかコアラのマーチが大量に販売されていた。

アーケード状になっている市場をブラブラ歩いていたら、こんな看板を発見。

この矢印はお店の中を指しているんだけど、イミグレーションまでの近道ってことだと思う。

町を見下ろす丘の上に建つ、ワットドイワオというお寺にいってみた。

おお、これは!
タイ風のナーガがあしらわれたこの長~い階段を登っているとき、
子供のころにアニメでみたドラゴンボールで、悟空が走った龍の道が思い出された。
たしか、死んでしまった悟空が神様かなんかに会うためにひたすら走っていた天空へと続く蛇の道。

そういえばアンコールの遺跡でも、ナーガは神様の世界と人間の世界を繋げる役目をしていて、
入口付近にはだいたいナーガがあしらわれた橋があった。
今思うと、ドラゴンボールのシーンもそういうことだったんだろうな。

それにしても、タイのナーガはシャープで恐い顔をしているように思う。

展望台のようになっている場所から、メーサーイの町を見下ろす。

右の方に見える青い五重塔みたいな形をした建物は、ミャンマー風の建築物で、
その手前に細い川がある。

川から奥はもうミャンマーなのだ。

そのミャンマー側に向けて、巨大サソリのオブジェが威嚇のポーズをとっていた。

【2008/04/30 09:32】 | タイ再訪 7か国目★ミャンマー含む(08.4/29〜5/5) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ミャンマーのタチレイ日帰り観光 | ホーム | ラオスからタイ、そしてゴールデントライアングルなど>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sekairyokou.blog112.fc2.com/tb.php/214-da2a202f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。