はじめに
20代にできなかった世界旅行を、30歳で彼氏と一緒に!と
2008年2月29日に出発した世界一周旅行。
旅行日数のべ425日、2009年4月29日に帰国いたしました!
最終地のハワイで彼氏は旦那となり…
準備期間から旅行中のあれこれ、事後報告など右のカテゴリ別にご覧ください☆
 
>>メインサイト 
>>彼氏のブログ
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ラオスからタイ、そしてゴールデントライアングルなど
今日は朝いちばんで国境を越えて、タイへ戻り、メーサーイからミヤンマーに入国するぞ!
と思っていたのに、メーサーイに行くのが精一杯。

いかんせん、何をするにもとにかく待たされ、イライラする一日を過ごすはめに。

今朝、ラオス最後の食事を屋台のフォーですませた後、
私たちがフエサイのボーダーへ向かったのは午前9時頃だった。
2008042901.jpg
小さなボートでメコン川対岸へと渡り、タイへ入国。
2008042901.jpg

タイ側の国境の町チェンコーンで捕まえたトゥクトゥクの運転手に
「メーサーイへ行きたいからバスターミナルに行ってほしい」と言うと、
まずチェンセーンへ行って、そこからメーサーイに行かなきゃならないとのこと。

それで、チェンセーンまでのソンテウ乗り場へ移動してもらい、
緑色のソンテウに乗り込む。

確かにガイドブックにも、そのあたりから出発する緑色のソンテウでチェンセーンへ行けると書いてある。

だけどどうやら話を聞いてみると、そのソンテウはチェンセーンの手前の町までしか行かず、でもそこからソンテウを乗り換えてチェンセーンまで行けるとのこと。

同じくチェンセーンまで行くと言うオーストラリア人もそのソンテウに乗ったので
(というか、私たちより先に待っていた)とりあえず安心していたのもつかの間、
いつになってもソンテウは出発しない。
どうやら、人が足りないから運転手が出発したくないらしい。
2008042901.jpg
結局、40分ぐらい待ってから、発車。

…かと思ったら、近くの病院へ移動して停車。
ここでも40分程度のウェイティングタイムが発生。

しばらくしてから、病院から出て来たお年寄りが5人ほど乗り込んだので
ソンテウはもうキツキツ。

いいかげん、これでようやく出発するだろう!

…と思ったら、近くのマーケットに寄り、乗っていた地元の人たちが
一斉にマンゴー屋台へと移動し、物色し始めた。
なんだなんだ、買い物タイム?

みんな袋にぎっしりマンゴーを買い込んだあと、再度出発。

…かと思ったら、また一旦停止。
よく見ると、ここは私たちがソンテウに乗り込んだ場所だった!

なんだよーと思いつつ、ここで2人乗車し、
全部で13人と、バックパック3個をはじめとする荷物でぎゅうぎゅうになったソンテウがようやく出発した。

この時点で11時半。
午前中にメーサーイに着くことはあきらめた。

ソンテウは、昨日ボートでのぼってきたメコン川を見下ろしながら、
川沿いの道を上流の方へと進んでいく。
地元の人がどんどん降りて行き、終点の町では我らバックパッカー3人だけになった。
だけど、降ろされたのはなにもないタダの道。

どうやら、時間が遅すぎて乗換えのソンテウがいないらしい。

ひともんちゃくあってから、乗って来たソンテウの運転手が
ひとり150バーツでチェンセーンまで行くという。

ちなみに、ガイドブックにはチェンコーンからチェンセーンまで、緑のソンテウで60バーツと書いてあるから倍の値段だ。

でも、こんな辺鄙なところで降ろされてもどうしようもない。
仕方ないので、ひとり125バーツで行ってもらうことに。
後はそのままチェンセーンへ直行…かと思いきや、
運転手は少し走ると今度はキュウリをたくさんつんだトラックを止め、
大きな袋づめのキュウリを4袋買って我々が乗っている後部座席につめこんだ。

なんだよーついでにおみやげなんて買ってないでさっさと行ってよー
と思っていたら、
今度はあきらかに本線からはずれた小道を走り出した。

そこにはなぜかゲートがあり、運転手は慣れた調子でゲートを開けてもらうと、強引に河原を走り出す。

そしてなんと、河原に待機していたボートに、キュウリを4袋まるまる売ったのだった。

メコンの対岸はラオスである。
たぶん、そのボートもラオスへ行くんだと思う。
タイの中の移動だったら、わざわざ船を使わないだろうし。

ということは、この人はおこずかい稼ぎにキュウリの密売をやっているのか?
よくわからないけど、そういえばすごく嬉しそうな顔でキュウリを買っていた所を見ると
結構いいお金になるんだろうか。

そんなこんなでチェンセーンに着いたのは、お昼すぎ。

ランチを食べてから、メーサーイに行こうとするも、
ここでもメーサーイ行きのソンテウがなく、ゴールデントライアングルまでしか行かないという。

ローカルバスも、ダイレクトではメーサーイまでは行けないと言われたので、
だったらゴールデントライアングル経由かなぁと決めかねていたら、
英語で旅行者だか現地の人だかわからないけど男の人が話しかけてきた。

自分はメーサーイに行きたいんだけど方法がなくて、
ゴールデントライアングルまでひとり50バーツでソンテウに乗らないかという。
他に方法がないので、この話に乗って私たちもゴールデントライアングルへ。

そこからメーサーイまでどうやっていくの?
と聞いたら、「簡単にいけると」と言うので、それを信じたのだった。

ゴールデントライアングルには今回行く予定ではなかったけど
せっかく来たのでひととおり見学。

タイと、ラオスと、ミャンマーを隔てる2本の川が合流するゴールデントライアングル。

さて、メーサーイへのソンテウを捕まえようと道を眺めていたら、
さっきの男の人がバイタクでビューっと通り過ぎていった。

あれれ。なんだかソンテウこないねーとぐったりしていたら、
同じくメーサーイまでのソンテウ待ちというマレーシア人が声をかけてきた。

彼が言うには、
「俺はメーサーイからはソンテウで40バーツで来たのに、こっちに来たらば
帰りのソンテウはあるのかないのか人によって言うことが違うし、っていうか乗り場すらないし、タクシーだと500バーツかかるって言われたよ!クレイジーだろ?」

ひどくご立腹の様子。それもそのはず、彼は来るか来ないか分からないソンテウを
すでに3時間待ってるとのこと。

とりあえず一緒に待ってみるけど、ソンテウは来る気配がない。
3人いるのでタクシーでいいかと諦めたところで、タクシーを呼べるのは
おみやげや露天の片手間でやっているようなタクシーサービスしかない。
さらに、彼女は言い値の500バーツからビタ一文負けなかった。憎たらしいほどに。

そんなわけで、妙に高そうな自家用車の白タクでメーサーイへ。
到着したのは、もう夕方だった。

ふぅ。
ツーリストが少ない時期だから、乗り合いソンテウが少なかったのかもしれないけど、大変不便。
チェンコーンから、チェンセーンではなくもっと町の規模が大きなチェンラーイに行っておけばよかった、と後から後悔したのだった。


ランキング参加中です♪応援よろしくお願いします☆
 

【2008/04/29 01:18】 | タイ再訪 7か国目★ミャンマー含む(08.4/29〜5/5) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ミャンマーとの国境の町メーサーイ | ホーム | メコンクルーズ2日目>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sekairyokou.blog112.fc2.com/tb.php/213-16b286e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。