はじめに
20代にできなかった世界旅行を、30歳で彼氏と一緒に!と
2008年2月29日に出発した世界一周旅行。
旅行日数のべ425日、2009年4月29日に帰国いたしました!
最終地のハワイで彼氏は旦那となり…
準備期間から旅行中のあれこれ、事後報告など右のカテゴリ別にご覧ください☆
 
>>メインサイト 
>>彼氏のブログ
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
バンビエンからルアンパバーンへ
朝、ミニバスに乗りルアンパバーンへと向かう。

エアコンは着いてなかったけど、標高が高めだったのか
窓をあけっぱなしでいたらぜんぜん暑くはなかった。
定員いっぱいでぎゅうぎゅうだったけど、暑くないことだけが救いだったな。

途中では、牛が我が物顔で道路をゆっくり歩いていたり、
小さな村をいくつか通り過ぎながら
くねくねとした山道を5時間走行。

窓の外には本当に人の手が入っていなさそうな青々とした山々が連なり、
道端の家々は、適当な大きさの木を組んだところにバナナの葉を編んだような壁を持ち、
子供は元気に外で遊んだり、小さな弟だか妹だか子供の世話をしていたり、
人々は日曜日の昼下がりのようになんだかくつろいで見えて、
あくまで車窓からだけど、これがラオスかぁ、と思ったのだった。

そしてルアンパバーン。

ラオスの女性は、みな綺麗な刺繍が施された巻きスカートをはいている。
そしてルアンパバーンでは、雨傘を指している人を良く見かける。

宿を決めるなり、相方が疲れて眠ってしまったので
ひとりでプーシーの丘に登ってみた。

日本の京都のような古都とガイドブックなんかに書いてあるけれど、
そうはいっても世界遺産の街だから
もっと全体的に観光地化されすぎてしまっているのかなと思っていたけれど、
そんなこともなく、程よくゆったりしていて、物価もそんなに高くなく、すごしやすい。
それでも、近年の発展とツーリストの増加はすごいみたいだけれど。


ルアンパバーンの後は、ここから
スローボートでタイとの国境の町、フエサイに行く予定。
メコン河にはボートがいっぱい泊っていた。



おかげさまでなんと、FC2ランキングのバックパッカー部門で2位になりました!
応援ありがとうございます☆
 
【2008/04/25 15:33】 | 6か国目★ラオス(08.4/21〜4/28) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ラッキーラッキールアンパバーン | ホーム | なにもしない一日>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sekairyokou.blog112.fc2.com/tb.php/209-3251d945
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。