はじめに
20代にできなかった世界旅行を、30歳で彼氏と一緒に!と
2008年2月29日に出発した世界一周旅行。
旅行日数のべ425日、2009年4月29日に帰国いたしました!
最終地のハワイで彼氏は旦那となり…
準備期間から旅行中のあれこれ、事後報告など右のカテゴリ別にご覧ください☆
 
>>メインサイト 
>>彼氏のブログ
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ラオスへ入りました。
ノンカーイ駅に着いたのは、予定より1時間ほど遅れた9時半ごろ。

駅からトゥクトゥクでバスターミナルまで行き、ラオスへのボーダーを通るバスに乗ることに。
本当はビエンチャンまでの直行バスに乗りたかっただけど、違うバスターミナルで降ろされてしまったのでしょうがない。
バスはイミグレーションで私たちを降ろし、イミグレを抜けた後にまたピックアップする。

友好の橋をバスで通り、ラオス側で入国。
とりえあえず、めちゃめちゃお腹が空いていたので腹ごなしをすることに。

あ、バゲットの屋台がある!
ベトナムとカンボジアではよく見かけたバケットのサンドイッチを売る店だ。
コーヒーを飲んで一息つくと、なんだか戻って来たなぁという気分が沸いてくる。

戻ってきたというのは、すなわち、タイから出たぞということ。
ベトナム、カンボジア同様にフランスの支配を受けていたラオスは
その2国とどことなく似た雰囲気を感じる。

それはタイだけずば抜けて都会ということなのかもしれないけど。

ビエンチャンまでトゥクトゥクで30分ぐらい。
メコン川沿いのゲストハウスに宿を取る。ドルが使える。

夕方、メコン川のすぐ側まで行きのんびり夕日を待つ。

なんだかすごくゆったりしていい感じ。

川沿いにテーブルが並んだ屋台で食事をするけど、風がなくてめちゃめちゃ暑い。

料理は味付けのベースが、ナンプラーじゃなくてニョクナム的な味を感じるし
辛くないのもタイ料理との違いだ。
っていうか、辛くないどころか全般的に甘い。

うーん、やっぱりタイだけが飛びぬけて辛い料理なんだよな。
でも中国から北に抜ければ、辛い料理で有名な四川省もあるし。
いったいどうしてそうなったのかわからないけどおもしろいな。

さて、ここから先のスケジュールを練り直してみたら、
どうやらまた駆け足で進まなくてはならないみたい。

明日は早速バンビエンへと移動することにしました。



【2008/04/21 12:58】 | 6か国目★ラオス(08.4/21〜4/28) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<妙に落ち着くバンビエン | ホーム | パタヤ→バンコク→ノンカーイ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sekairyokou.blog112.fc2.com/tb.php/205-b4e5f958
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。