はじめに
20代にできなかった世界旅行を、30歳で彼氏と一緒に!と
2008年2月29日に出発した世界一周旅行。
旅行日数のべ425日、2009年4月29日に帰国いたしました!
最終地のハワイで彼氏は旦那となり…
準備期間から旅行中のあれこれ、事後報告など右のカテゴリ別にご覧ください☆
 
>>メインサイト 
>>彼氏のブログ
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
パタヤ→バンコク→ノンカーイ
午前中に宿をチェックアウトし、4人でパタヤビーチに行きのんびりする。
弟たちが売り子から買った、カニの唐揚げや


こんな生きたままの小エビを唐辛子やバジルと混ぜ合わせただけの踊り食いなんかを
ちょっとだけ味見させてもらう。結構おいしかった。

パタヤは初めて来たのだけど、別に海がきれいなわけでもなく、
ずいぶんとあっけらかんとした歓楽街だなという印象。
おなかの出た白人中年男性と、妙に気の強そうなパタヤ女性のカップルなんかを見てると
それぞれの人生背景を勝手に想像しつつ、まぁ別にいいんだけどねとくだらない考えを終わらせる。

昼過ぎのバスターミナルは人でいっぱいだった。
だけど乗ってしまえばモーチットのターミナルまで、1時間40分ぐらいで到着した。あっという間。

夜にはノンカーイ行きの夜行列車に乗らなくてはならないので、
駅から遠くない弟たち行きつけのシーフード料理屋で夕飯を食べることに。

プーパッポンカリーや生ガキなんかがすごくおいしかったのだけど、
近くの個室に入っていたタイ人客のもとに、とびきり大きなロブスターの刺身が運ばれてきたのには驚いた。
みんなでおお~~っと言いながら見ていたら、
定員さんが9800バーツだよ、と教えてくれた。豪勢だなぁ。

この店は、小泉元総理や皇太子の弟さんが来たことがあるようで、入口に写真が貼ってあった。

弟に送ってもらって駅にゆき、8時45分の列車でラオスの国境の街ノンカーイへ向かう。


これが2等寝台なんだけど、
タイの寝台車は両側の窓に沿ってベッドが縦に並んでいるスタイルみたい。

乗った時は下段が向かい合わせのイスになり座ることができたけど
しばらくすると係の人がきて手際よくベッドを作り、シーツを引いてくれた。

なるほど、下段は窓があり、天井も高い。カーテンもほぼ隙間なく締められプライベート感がある。
上段はエクストラベッドのような雰囲気で、窓もなくヨコ幅も狭い。カーテンは上部に隙間ができる。
同じ2等でも下段の方が高い訳だ。

私は体の大きな相方に下段をゆずって上段で寝たら、
夜も電気が消えないから光が眩しいし、エアコンも効き過ぎであまりよく眠れなかった。

さて、明日の朝にはラオスとの国境の町、ノンカーイです。



ランキング参加中です♪応援よろしくお願いします☆
 
【2008/04/20 12:52】 | 5か国目★タイ(08.4/10〜4/20) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ラオスへ入りました。 | ホーム | ラン島クルーズと相方との再会>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sekairyokou.blog112.fc2.com/tb.php/204-abf784d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。