はじめに
20代にできなかった世界旅行を、30歳で彼氏と一緒に!と
2008年2月29日に出発した世界一周旅行。
旅行日数のべ425日、2009年4月29日に帰国いたしました!
最終地のハワイで彼氏は旦那となり…
準備期間から旅行中のあれこれ、事後報告など右のカテゴリ別にご覧ください☆
 
>>メインサイト 
>>彼氏のブログ
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
香港-広州-南寧
朝、ホンハム駅から中国本土の広州東駅へと直通電車で向かいました。

改札のすぐ後ろにイミグレーションがあって香港を出境し、
電車に乗ったらいつのまにか中国へ突入。
車内で中国の入国証を記入して、広州東駅に降りてから入国審査がありました。

広州東駅から地下鉄で広州駅へ。
地下鉄に乗っていると、思ったよりも都会な雰囲気。
でも、広州駅についてみると中国人の多さと雑多な雰囲気に圧倒されてしまいました。

しかも空気が汚くて息苦しい!

近くにホテルはいっぱいあったものの、
ここで1泊するのも気乗りがしなかったので、そのまま移動することに。
2時間後に南寧までの夜行列車があるけれど、
一番下のクラスしか空いていない。

バスでも行けるかと思って駅の近くの旅行会社に
なりゆきで行ったりもしたのだけどメイヨーメイヨーだったし
このあたりから、いろいろ思い出すのも疲れるぐらいなんだけど、
なんとか、日本のGWラッシュなみに込み合うチケット販売所で
チケットを買って、とりあえず列車に乗り込んだ。

列車は最低ランクの席しか空いてなかったけど
自由席だと思っていたら、なんとそのチケットは立ち席でありました。
バックパックを抱えて込み合う狭い車内で右往左往していたら、
若いお兄さんが英語でこっそり
「15号車に行けばソフトシートがあいてて座れるよ」と教えてくれた。

だけども後方の車両には行くことができず、
予想はしていたものの、誰も彼も中国語しか話さないのでよくわからず、
疲れて列車のコネクト部分にしゃがみこんで休憩していたら
列車のスタッフがチケットを見せろと話しかけてきて
後ろの方を指差して何か言った。

もしかしたら行けるのかも!と後ろの車両に進んでみると、
食堂車に手招きされた。
欧米人のバックパッカーも一緒。
でもその後に入ろうとした現地の人は阻止されていた。

どうやら、外国人ツーリストには空いている座席を売ってくれる模様。
空いているなら最初から買わせてくれーという感じですが。

ともあれ、そんなこんなで3階層になっている寝台席の下段と中断をゲット。
本当に助かった。めちゃめちゃうれしい。
車内で買ったお弁当を食べて、快適な寝りについたのでした。
2008032002.jpg
【2008/03/20 17:59】 | 2か国目★中国(08.3/16〜3/20) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<中国からベトナムに入りました | ホーム | 香港で競馬>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sekairyokou.blog112.fc2.com/tb.php/172-cddbd2cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。